気になるニュース

わたし的に気になる芸能ニュース

    2017年08月


    松本人志、TVギャラ事情暴露! 15分拡大で「うまい棒5000本分」アップ - ニフティニュース
    お笑いコンビ・ダウンタウンの松本人志(53)が、27日に放送されたフジテレビ系トーク番組『ワイドナショー』(毎週日曜10:00~11:15)で、レギュラー出演中のTBS系『クレイジージャーニー』(毎週木曜23:56~24:55)のギャラ事情を暴露した。 モデル・ローラの事務所契約問題に関連 ...
    (出典:ニフティニュース)



    (出典 livedoor.blogimg.jp)



    1 ぴこぐらむ ★@\(^o^)/ :2017/08/27(日) 11:00:53.62 ID:CAP_USER9.net

     ダウンタウンの松本人志(53)が、深夜レギュラー番組の放送時間が繰り上げになるもギャラが5万円程度しかアップしなかったと嘆いた。

     松本は27日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」で、自身がレギュラー出演するTBS系「クレイジージャーニー」の放送時間が45分から1時間へと15分長くなり、さらに放送時間帯も早くなったことを報告したが、「当然、ギャラも上がると思うじゃないですか。上がったんですけど、これマジで『うまい棒』5000本分くらいですよ」とギャラの不満を吐露し、「びっくりせえへん!? 45分が1時間になってうまい棒5000本やで!? だったらもう、うまい棒でくれ!」とほえた。

     その後も「いやぁ、びっくりするよほんまに。明細見て、手ぇ震えたもん」と嘆きが止まらない松本。「よっぽどうちの会社の方がクレイジーやな」と笑わせた。

    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/1878514.html


    【松本人志ギャラアップ5万円に「明細見て手震えた」】の続きを読む


    西川史子、ホリエモンに「結婚しようよ」- 吉田アナが暴露「お似合い」 - エキサイトニュース
    TBSの吉田明代アナウンサーが、27日に放送されたTBS系情報番組『サンデー・ジャポン』(毎週日曜10:00~11:22)で、女医でタレントの西川史子が、"ホリエモン"こと実業家の堀江貴文氏に対して「結婚しようよ」と口説いていたことを暴露した。 番組では、爆笑問題・太田光の妻で ...
    (出典:エキサイトニュース)



    (出典 media.image.infoseek.co.jp)



    1 名無しさん@涙目です。 :NG NG BE:299336179-PLT(13500).net


     医師でタレントの西川史子(46)が27日放送のTBS「サンデー・ジャポン」(日曜前10・00)に生出演。同局の吉田明世アナウンサー(29)から、
    元ライブドア社長の堀江貴文氏(44)に「私たち結婚しようよ」と迫っていたことを暴露される一幕があった。

     爆笑問題の太田光(51)の妻で芸能事務所「タイタン」の太田光代社長(52)が、21日に投稿した西川と堀江氏の親密2ショット。
    写真では西川が後ろから堀江氏に腕を回して密着しており、ネットでも「お似合い」などと話題になっていた。

     写真は食事会での一枚。光代社長や西川、堀江氏に加え、吉田アナも参加していたという。吉田アナは当時、西川が酔う前から
    「私たち結婚しようよ。絶対いいと思う。浮気してもわかんないし」と堀江氏を口説いていたと証言。口説かれた堀江氏の様子は「いやいやいや、っていなしていた」と振り返った。

     太田は「完全に金目当てだよね」と一言。他の共演者は「結婚したら面白い」「いいかもしれない」と盛り上がった。
    吉田アナからも「お似合いだと思います」と背中を押されると西川は「ありがとう」とほほ笑んでいた。https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170827-00000107-spnannex-ent


    【西川史子 ホリエモンに猛アプローチ?「私たち結婚しようよ。絶対いいと思う」】の続きを読む


    「業界は事務所側を支持」独立トラブルのローラにスキャンダル噴出危機


    NO.5741177 2017/08/26 11:11
    「業界は事務所側を支持」独立トラブルのローラにスキャンダル噴出危機
    「業界は事務所側を支持」独立トラブルのローラにスキャンダル噴出危機
    タレントのローラが所属事務所に対し、専属契約の終了を求める申し入れ書を送付し、独立トラブルになっていることが報じられた。

    ローラ側は、ボランティアのために拠出したとする2,000万円が使途不明金になっていることなどを理由に事務所への不信感を表明しており、法廷闘争の可能性も出てきている。

    そんな中、業界内では「ローラの素性や、過去の話がいろいろと出てくる可能性がある」という不穏な話がささやかれている。

    「タレントの独立問題でモメている事務所が、腹いせにゴシップをマスコミに流すのはよくあることだけど、ローラの場合は素性が謎に包まれていたり、公になっていない部分がいろいろある。蓮舫ばりの二重国籍じゃないかなんて言う人もいるぐらいだし……」(業界関係者)

    ローラは父がバングラデシュ人、母が日本人とロシア人のクォーターということだが、幼い頃にバングラデシュで過ごしたわりに現地の言葉を話せないことや、中国人の継母に育てられたという話があるなど、ミステリアスな部分が多く、本名も伏せられている。

    タレントとしてはファッション誌「ViVi」(講談社)の専属モデルを経て、敬語を使わないキャラクターがバラエティ番組で受け入れられて人気者になったが、所属事務所LIBERAとデビュー3年後の2010年に結んだ契約内容が、10年間の長期となっており、期間満了の3カ月前までに契約更新しない意向を伝えても、事務所の了承がなければ辞められないというものだとも伝えられ、芸能界でよくある“奴隷契約”のにおいも漂う。

    「でも、この業界では、表立ってローラの件に触れたがらない人が多い。むしろ事務所側を支持する業界人は多いと思う。芸能プロなんて、事務所側に有利な契約を結んでいるところが多いから、そういうアンフェアな契約問題がクローズアップされるのは都合が悪い。そうなると、業界全体でローラへの風当たりを強めたほうが得ではある。少し前にビートたけしさんがスポーツ紙で『敬語を使わないハーフタレント』を痛烈に批判していたけど、そういうのもローラバッシングのひとつかなって思えるほど」(同)

    ローラは今年6月、「黒い心を持った人とは絶対に一緒にいたくない」「10年の信頼をかえしてください」などと意味深なツイートをしていたが、これらは今回の独立騒動を指していたものだと思われる。

    別の芸能関係者からは「事務所のトップと対立する中で、信頼していた役員が辞めてしまい、孤立しているようだった」という話も聞かれるのだが、親しい側近もローラを守りきれなかったほど深刻な事態であると見ることもできる。

    実際、同じ事務所の後輩で、似たタメ口キャラのダレノガレ明美は、一部で独立の可能性を報じられると本人が「全くの嘘」と全面否定。

    「社長とも、マネージャーさん、事務所スタッフみんなとも仲良いしリベラを離れるつもりはありません」とツイートし、事務所サイドに立っている。

    ローラにはこれまで「実は黒髪説」や「本名・佐藤えり説」などが飛び交っていたほか、国民健康保険の不正受給詐欺で有罪判決を受けた父親の事件との関わりを疑う声や、三代目J Soul Brothersの登坂広臣との熱愛の真相など、謎に包まれていた部分が公にされてもおかしくはない。

    実際、少し前にローラが海外デザイナーに洗脳されているという記事が出たこともあり、これなどはまさに能年玲奈の独立騒動のときに出てきた“洗脳騒動”にそっくりだ。

    最近は露出が減っているように見えるローラだけに、その身が心配される。

    【日時】2017年08月26日 09:00
    【提供】日刊サイゾー


    【「業界は事務所側を支持」独立トラブルのローラにスキャンダル噴出危機】の続きを読む


    ブルゾン完走 メークも落ちず…坂本トレーナーの出迎えに涙


    NO.5744462 2017/08/27 21:15
    ブルゾン完走 メークも落ちず…坂本トレーナーの出迎えに涙
    ブルゾン完走 メークも落ちず…坂本トレーナーの出迎えに涙
    日本テレビ系「24時間テレビ40 告白〜勇気を出して伝えよう〜」のチャリティーマラソンランナーを務めたお笑いタレント・ブルゾンちえみ(27)が27日午後8時48分、日本武道館のゴールテープを切った。

    武道館直前で坂本雄次トレーナーの姿を見つけると、涙がこぼれた。

    背中をポンポンと叩かれ、励まされ、武道館に。

    ゴール後、抱き合い、再び涙。

    坂本さんから「頑張った。これだけやれれば何でもできる」と声をかけられ、「いや、もう家族みたいな存在でした」と話した。

    はね上がった濃いアイメーク、直線眉毛も汗で落ちることなく、健在。

    スタート地点より、頬がかなりピンク色にほてっていたが、最後まで余裕の“クールなキャリアウーマン”を貫いた。

    学生時代に長距離走選手だった経験もあり、走るスタイルにもムダがなく、快走につながったとみられる。

    例年なら5月ごろに発表されるランナーが今年は当日(26日)、しかも番組中に発表するという前代未聞の事態。

    当日発表で、走り込みやトレーニングが足りないなどの懸念もあったが、杞憂だった。

    また、番組の終盤には、「走る理由」として、恩師である高校時代の陸上部の先生の娘が2年前にがんを発症したことを知り、「頑張る姿を見せたい」という思いだったことも明かされた。

    ブルゾンは放送開始から約2時間たった26日午後8時53分、アイラインに独特の眉毛など“ブルゾンメーク”のまま、東京都内某所からゴールの日本武道館に向けてスタート。

    走行中は汗をかいてもバッチリアイメークが落ちないことがネット上で話題になった。

    【日時】2017年08月27日 20:51
    【ソース】デイリースポーツ


    【ブルゾン完走 メークも落ちず…坂本トレーナーの出迎えに涙】の続きを読む



    (出典 cdn.mdpr.jp)



    1 ニライカナイφ ★@\(^o^)/ :2017/08/26(土) 18:35:10.42 ID:CAP_USER9.net

    モデルでタレントの藤田ニコルさんが、2017年8月23日に放送された読売テレビのバラエティ番組『浜ちゃんと!』に出演。
    過去にInstagramに投稿した水着写真を、ある理由から運営側に削除されていたことについて明かしました。
    削除された理由は、女性にとってはかなりショッキングなものだったのです。

    ■ インスタさん、あんまりです…

    ティーンのカリスマとして知られる藤田さんは、Instagramをバッチリ使いこなしています。
    今回の番組でもこう語ります。

    ***********
    けっこう、Instagramに熱をかけてて。いいね!がやっぱ欲しいんですよ。
    ***********

    「夏は水着写真を投稿するといいね!がたくさんもらえる」といった豆知識も明かしていました。
    しかし、高校時代にはInstagramに水着の写真を公開して、削除されてしまったことが2回ほどあったそうです。
    その理由が、「え?」と驚くようなものでした。。

    ***********
    胸がなさすぎて、児童ポルノと勘違いされて…。
    ***********

    なんと、胸がないことからInstagramの運営から「児童ポルノに該当する」と判断されてしまっていたそうなのです!
    その時期を調べてみると、2016年6月ごろにTwitterにて、「水着の写真消されててたいやそれはよくわかんないはインスタさん。。。(原文ママ)」と、投稿されていました。

    藤田さんは同年の2月ごろに18歳になっていましたから、児童ポルノに該当するはずもありません。
    大人の女性を目指したい年ごろの女性には、胸が痛い出来事だったのでしょう。

    ■ 悔しさをバネに現在は肉体改造の真っただ中

    そんな藤田さんは現在、肉体改造に取り組んでいることも明かしました。
    週4日でジムに通って、トレーニングを行い、食事制限もしっかりしているとのことで、かなり本格的!
    そんな藤田さんの最近の水着写真がこちら。

    写真:
    (出典 i.imgur.com)


    とてもセクシーなプロポーション!その変化は、1年前の写真と見比べると一目瞭然です。

    写真:
    (出典 i.imgur.com)


    最近は水着写真を消されなくなったとのこと。
    とりあえずは、ひと安心ですね。

    3年間専属モデルを務めた10代女性向けのファッション雑誌『Popteen』を、8月に卒業したばかりの藤田さん。
    以前までは個性的なキャラをウリにしていましたが、「これからは外見的に美しくならなきゃ」といった想いが芽生えているようです。

    ■ フォロワーの反応

    ・やっぱり、水着姿を子ども扱いされるのは嫌だよね。
    ・にこるん、この1年で見た目が大分色っぽくなった。
    ・幼児体型のイメージがあったけど、全然そんなことない!
    ・むしろ、いまのそのスタイルに憧れてます。
    ・意外にストイックなところもギャップで好き。

    大人の女性を目指し、美を磨き続ける藤田さんはまだ19歳。
    今後どういった大人の女性に成長していくのか楽しみですね。

    http://grapee.jp/380894


    【藤田ニコルがインスタグラムに投稿した水着写真が削除された“屈辱的な理由”】の続きを読む

    このページのトップヘ