気になるニュース

わたし的に気になる芸能ニュース

    2017年07月


    加藤紗里、わずか3カ月でカフェ閉店


    NO.5682414 2017/07/29 09:28
    加藤紗里、わずか3カ月でカフェ閉店
    加藤紗里、わずか3カ月でカフェ閉店
    モデルの加藤紗里が27日、ツイッターを更新し、地元・広島でオープンさせたカフェ「サリーズカフェ」が3カ月で閉店となったことを報告した。

     加藤は「閉店のお知らせ」として「広島は流川で皆さまに大変ご愛顧頂きましたサリーズカフェですが、この度閉店することとなりました」と閉店報告。

    「3カ月と言う期間でしたが紗里なりに頑張ったなと思います やっぱ売り物がスマイル0円だったのが原因かな みなさま、長い間ありがとうございました」とつぶやいた。

     続くツイートでは「今年の5月にオープンして みんなに名前がタリーズカフェのパクリだと罵倒されたサリーズカフェ 紗里を求めて大行列が…出来る…気がしたんだけど(笑) めーっちゃ惜しまれつつ、、、閉店。まぁ仕方ない。次はなにしよっかな」と早くも前を向いていた。

     加藤は今年5月21日のツイッターでオープンしたカフェの写真をアップし「そういえば地元の広島流川にサリーズカフェって言うお店オープンしたの〜(笑) 沢山お花とか貰ってあざーす お店のオススメの1品はね〜広島で1番のスマイル0円 まずは笑顔で勝負じゃけー」と開店を報告していた。

    【日時】2017年07月28日
    【ソース】デイリー


    【加藤紗里、わずか3カ月でカフェ閉店】の続きを読む


    市川紗椰、フジ「ユアタイム」9月いっぱいで降板へ - 芸能 : 日刊スポーツ - 日刊スポーツ
    フジテレビ系報道番組「ユアタイム~あなたの時間~」(月~木曜午後11時半、金曜午後11時58分)の市川紗椰キャスター(30)が9月いっぱいで降板することが28…
    (出典:日刊スポーツ)



    (出典 marsar.tokyo)



    1 三毛猫 φ ★@\(^o^)/ :2017/07/29(土) 10:21:09.01 ID:CAP_USER9.net

    2017.7.29 04:40

    フジ系「ユアタイム」、9月終了…開始前には“ショーンK”騒動も

     モデル、市川紗椰(30)がメーンMCを務めるフジテレビ系報道情報番組「ユアタイム」(月~木曜後11・30、金曜後11・58)が
    9月いっぱいで終了することが28日、分かった。

     昨年4月にスタートしたフジの大型番組が1年半で終止符を打つことになった。関係者によると、原因は視聴率の低迷とみられ、
    現在は後番組についての話し合いが進められている。

     放送開始前の昨年3月には市川とともにメーンMCに決まっていた経営コンサルタント、ショーンKことショーン・マクアードル川上(49)が
    学歴詐称発覚によって出演を取りやめる騒動も。
    政治や事件事故のみならず芸能やファッションなど幅広く紹介することをウリにしてきたが、最近は視聴率の伸び悩みが続いていた。

    http://www.sanspo.com/geino/news/20170729/geo17072904400008-n1.html

    ※前スレ
    http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1501271904/


    【フジ系「ユアタイム」、9月終了…開始前には“ショーンK”騒動も】の続きを読む


    相田翔子「手がつけられない」酒癖の悪さを暴露


    NO.5681553
    相田翔子「手がつけられない」酒癖の悪さを暴露
    相田翔子「手がつけられない」酒癖の悪さを暴露
    7月22日深夜放送の『二軒目どうする?〜ツマミのハナシ〜』(テレビ東京系)に、元Winkでタレントの相田翔子(47)が出演。

    酒に酔ったときのエピソードを披露し、TOKIOの松岡昌宏(40)と博多華丸・大吉の博多大吉(46)を驚かせる場面が見られた。

    今回、松岡らが飲み歩いたのは東京の大森で、二軒目に入ったのは半世紀続く老舗居酒屋の蔦八。

    まずは看板メニューの煮込みをツマミに、ホッピーで乾杯した。

    その後、デビューのきっかけを尋ねられた相田は「一番最初は高校生のときのスカウト」と答え、続けて「本当は表に出るよりも裏方をやりたくて、作詞作曲の勉強をしていて」「ある日、突然、早智子ちゃんとWinkとしてデビューすることを電話で聞かされて」と話し、鈴木早智子(48)とのWink結成当時のエピソードを語り始めた。

    相田はデビュー曲と2曲目のシングルが売れず、大ヒット曲となった3枚目の『愛が止まらない』を出すときには、「事務所からこれ(3作目)で最後だと言われていた」と告白。

    また、当時のWinkが笑わないイメージだったことについて、相田はもともと人前が苦手だったとし、「急に表舞台に出されて、気づいたら隣に子どもの頃に見た大御所の(歌手の)方がたくさんいて、緊張して顔がこわばっていた」と、機嫌が悪かったのではなく、「急激な環境の変化で顔の筋肉がロックされていた」と明かした。

    また、大吉に酔うとどうなるのかと問われた相田は、「手のつけられない(状態になり)、囚われた宇宙人みたいに足が……」と、酔いが足にきて歩けなくなり、さらに「ろれつが回らなくなる」とコメント。

    驚いている松岡と大吉に、「それぐらい酔いたいときってありますよね?」と、同意を求めると、大吉は「酔うために飲んでますから」と苦笑いしながら相づちを打っていた。

    続けて、相田が大吉に「私が一番イケイケの頃、(大吉に)お世話になっていて」と、ラジオ番組で毎週共演していたことに感謝を述べたのだが、大吉はなぜか困り顔。

    申し訳なさそうに「それ、相方なんですよ。華丸のほうなんです、すいません」と、相田が勘違いしていたことを指摘した。

    これを聞いた相田は「えっ、えっ!?」と動揺しつつも、「でも、すごく一緒になってましたよ」と、他のバラエティ番組で博多華丸・大吉と共演した話をし始めた上、「私は間違えてないです」と認めようとせず、松岡と大吉を困惑させていた。

    「相田は以前から酒癖の悪さを、テレビでよく暴露されていますよ。また、ホッピーを飲むのは初めてだったそうで、彼女が思っていたよりも酔いが早く回ったんでしょう。今までいろいろなゲストの相手をしてきた松岡と大吉も、けっこう困っていましたね」(芸能誌記者)

    ――放送できない発言もあったかも!?

    【日時】2017年07月28日 20:00
    【提供】日刊大衆


    【相田翔子「手がつけられない」酒癖の悪さを暴露】の続きを読む


    堂本光一、ロケ先で女性からアイスひと口もらう⇒その裏にあったエピソードが素敵だった - ハフィントンポスト
    アイドルデュオKinKi Kidsの堂本光一がテレビ番組のロケ中に見せた"気配り"が、話題になっている。 7月27日に放送された『櫻井・有吉THE夜会』(TBS)に出演したKinKi Kids。番組では、光一がロケで渋谷の街を散策し、若者に話題のスポットを訪ねる様子が放送された。
    (出典:ハフィントンポスト)



    (出典 jmania.jp)



    1 たんぽぽ ★@\(^o^)/ :2017/07/28(金) 15:11:45.89 ID:CAP_USER9.net

    https://www.j-cast.com/2017/07/28304433.html?p=all

    「優しい気遣いができる、すてきだな」「誠実な方だ」――。

    こうした称賛の声が向けられているのは、KinKi Kidsの堂本光一さんだ。彼がバラエティ番組のロケで訪れた店舗が、撮影の「後日談」をインスタグラムに投稿したところ、光一さんの人柄に感激する声が多数寄せられている。

    「食べたいけど横入りは申し訳ない」

    光一さんの気遣いが垣間見えたのは、2017年7月27日放送の「櫻井・有吉THE夜会」(TBS系)での1シーンだ。番組で渋谷の女子高生に人気のスポットに出かけた光一さんは、6月にオープンし大人気だという「ロールアイスクリーム」を販売する店舗を訪れた。

    店前には激しい暑さの中、若い女性たちが大行列を作っており、店のスタッフが「2時間半から3時間待ち」と伝えると、光一さんは

    「考えられへん!」
    とびっくりした様子を見せていた。その後、光一さんは「特別に」列に並ばずに店内に入れてもらい、アイスを作る様子を見せてもらう姿が放送された。この後にはアイスを実際に食べ、味や食感をレポートするシーンが続くと思われたが、

    「(アイスを)食べてみたいが横入りするのは申し訳ない」
    とナレーションが入ると、光一さんは店内の女性に、

    「おいしい? ちょうだい」
    と声を掛け、アイスを「おねだり」。分けてもらったアイスを食べて「美味しい!」「サクサクしてるの何?」と感想を話し、この店舗でのシーンは終了。話題のロールアイスクリームを「特別に用意してもらう」ことはなかった。

    ロケ店「御用意する予定でしたが」...

    そして、同番組の放送から一夜が明けた28日の午前、光一さんが訪れたロールアイス店「ロール アイスクリーム ファクトリー」が公式インスタグラムを更新。光一さんが店内の女性から分けてもらったアイスの種類について言及するとともに、

    「ロールアイスクリームを1つ御用意する予定でしたが、並んでいるお客様がいるのにそういうのはやめようよと、番組スタッフさんに提案されていた堂本光一さんに店舗スタッフ一同感激でした」
    と光一さん自らの提案でアイスを用意しなかったと撮影の裏話を明かしたのだ。

    2時間半以上並んでいる人が多くいることを考え、「特別扱い」を避ける誠実な行動にファンからは、

    「人として、優しい気遣いができる光一さん すてきだな」
    「昨日の夜会...こうちゃんのこうゆう所大好きです。ひとくちちょうだい可愛かったな...」
    「光一さん過ぎてまた好きにならざるを得ない...。このことを教えてくれたお店にも感謝だな」
    「光一くんって、ほんと素敵な人よな。なんであの展開になったの?って思ってたけど、光一くんの優しさやったんやなー」
    と光一さんらしい気遣いに感激する声が多数寄せられている。


    【堂本光一が人気アイス店で...「気遣い」に店舗スタッフ・ファン感動「誠実な方だ」】の続きを読む


    石橋貴明と鈴木保奈美の長女が芸能界に興味 穂乃香に相談か NEWS ... - NEWSポストセブン
    「NEWS ポストセブン」は小学館が発行する「週刊ポスト」「女性セブン」「SAPIO」「マネーポスト」4誌を統合したニュースサイトです。各誌の最新記事・コラム等をネット用に再 ...
    (出典:NEWSポストセブン)



    (出典 xn--zck9awe6d872rezhp3y9g1f.jp)



    1 三毛猫 φ ★@\(^o^)/ :2017/07/28(金) 16:14:07.23 ID:CAP_USER9.net

    18才、16才、14才、3人の娘の母である鈴木保奈美(50才)の目下の悩みは長女の将来のことだという──。

    「保奈美さんの長女が、石橋貴明さん(55才)の前妻との娘・石橋穂乃香さん(27才)に連絡を取り始めたというんです。異母姉妹とはいえ、年も離れていますし、接点もなかったはずですが…」(芸能関係者)

     石橋と保奈美が結婚したのは1998年。互いに再婚で、発表時、保奈美は妊娠3か月だった。石橋の前妻との離婚からわずか2週間後のことで、報道で事実を知った前妻は寝耳に水。彼女は当時の週刊誌の
    インタビューに《母としての立場で腹が立ちます》と怒りを表した。当時9才だった前妻の娘・穂乃香も複雑な思いを抱いた。

    「再婚を知った直後は“パパには会わない”と泣き叫ぶほどショックを受けていましたが、穂乃香さんは今でもファザコンを自称するほどのパパっこ。石橋さんとは、その後も年に数回は一緒に食事をして
    交流を続けていましたが、保奈美さんたちとは接点はありませんでした」(テレビ局関係者)

     2008年、19才の時に穂乃香は、父の後を追うように芸能界へ。現在もオスカー女優という夢のため、舞台や映画に足を運び、下積みを続ける。

    「石橋さんからの援助は一切ありません。生活のため、今は舞台の裏方の仕事をしながら都内の会員制スナックでアルバイトをしているそうです。著名人の多い有名店ですが、彼女はのびのびと働いていますよ。
    一時は“父親の七光り”という言葉に敏感になり、ストレスで舞台を降板したこともありましたが、今は“全てを受け入れて素の石橋穂乃香として勝負する”と前向きに活動しています」(穂乃香の知人)

     一方、保奈美の長女は6月に13年間通ったインターナショナルスクールを卒業した。

    「母親譲りのスタイルの良さを生かし、学生時代からアパレルブランドのモデルを務めていました。今後は海外留学を考えているそうです」(石橋家の知人)

     接点も交流もなかったはずの“姉妹”――この2人が連絡を取るようになったのはなぜか。

    「保奈美さんの長女は、今芸能界へ強く興味を持っているようです。最近保奈美さんは連ドラやファッション誌、コラムの連載など仕事がますます増えています。母親の仕事ぶりを間近で見て、憧れを抱き、
    自分も芸能の道へと考えたようです。でも石橋さんも保奈美さんも大反対。芸能界から遠ざけたいというのもインターナショナルスクールへ通わせた一因だったほどですから。そんな中、すでに芸能活動を始めている
    穂乃香さんを頼り、インスタグラム内のメッセージで相談するようになったそうです」(前出・石橋家の知人)

     まだ顔を合わせたことはないという2人だが、お互いのインスタグラムをフォローし、“いいね”を送り合っている。

    「穂乃香さんは “親が有名人だとしても生半可な気持ちでは通用しないよ”とアドバイスしたそうです。穂乃香さんも最初は突然のアプローチに驚いていたようですが、“仲よくしてるんだ”と聞くと“妹だからね”と
    笑っていました」(前出・穂乃香の知人)

     2人が一緒に舞台に立つ日も──。

    ※女性セブン2017年8月10日号

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170728-00000011-pseven-ent
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170728-00000011-pseven-ent&p=2


    【石橋貴明と鈴木保奈美の長女が芸能界に興味 穂乃香に相談か】の続きを読む

    このページのトップヘ