気になるニュース

わたし的に気になる芸能ニュース

    2017年05月


    石ちゃん、彦摩呂で打ち止め? 専任食レポタレント減少のワケ - ORICON NEWS
    一般的に食レポと言えば「まいう~」の石塚英彦、もはやネタ化している「○○の宝石箱や~」でおなじみの彦麻呂などの顔が浮かぶ。しかし最近では、彼らのような自分流の表現や決め台詞を持った、いわゆる“食レポタレント”が新たに誕生することはなく、アナウンサーや芸人、 ...
    (出典:ORICON NEWS)



    (出典 galtore.net)



    1 ひぃぃ ★@\(^o^)/ :2017/05/27(土) 09:55:38.32 ID:CAP_USER9.net

     一般的に食レポと言えば「まいう~」の石塚英彦、もはやネタ化している「○○の宝石箱や~」でおなじみの彦麻呂などの顔が浮かぶ。しかし最近では、彼らのような自分流の表現や決め台詞を持った、いわゆる“食レポタレント”が新たに誕生することはなく、アナウンサーや芸人、タレントが、これまでの定石に則って食レポをする姿ばかり目にするようになってきた。なぜ食レポ界を牽引するようなタレントが表れなくなってしまったのだろうか。

    ■「美味しい」だけではNG? 食レポーターたちの言葉の技術

     美味しさを伝える食レポでは、ただ単に“美味しい”と言うのはNG。ほかの言葉で表現しなければならない難しさがある。例えば阿藤快は「美味しい」とは言わず表情などで表現。この“美味しそうな見せ方”の基礎は、石塚や彦麻呂、ギャル曽根などにも引き継がれた。『突撃!隣の晩ごはん』(85~11年)のヨネスケは、多くの家庭ごはんを軽快なトークと共にレポート。口に合わないものや、本当に不味いものを食べた時は、「なかなかですねえ」という表現で誤魔化す方法を考案。ほか斉木しげるは“美味しい”を表現するため「おかわり!」という言葉に置き換え、広がりを持たせた。

    ■食レポの手法が定番化、専任の需要も減少

     近年、食レポに“特化”したタレントは少なくなっている。現在、食レポに定評があるのは、見るからに美味しそうに食べる日本テレビの水卜麻美アナウンサーや、大食いとの兼任であるギャル曽根、豊富な知識で濃い情報を提供するアンジャッシュ・渡部建、毒舌で嘘やおためごかしをしなさそうなマツコ・デラックスなど。それぞれ食レポはメインではないが、水卜アナは、今のダイエットブームと反した、太ることも厭わない姿勢で、マツコは「マツコなら嘘で美味しいとは言わないだろう」とのイメージで、美味しさの信憑性を勝ち取っている。

     「専任が減少したのは、彦麻呂さんが『宝石箱や~』でブレイクしたのち、食レポを披露しながら美味しそうに見えるコツを公開したことで、初めて食レポをする人でも、それなりの完成度を見せられることが大きいかもしれない」と分析するのは、メディア研究家の衣輪晋一氏。「食レポは“味”への言及だけではなく、音や見た目や香り、食感を言葉にするのが定番です。そこに、喉越しなどの感想、また決め台詞の一つでも入れられれば完璧でしょう」(衣輪氏)

     例えば、鉄板でじゅうじゅうと焼けるステーキなどでよく使用される食べる前の音を出し、ボリューム感や『昔ながらの~』というような雑感、そしてハンバーグなどの場合、切ってみせた断面から肉汁があふれる様子を見せる。さらに、よく聞く『芳醇な~』などといった香りを表現し、食べた後に味の感想のほか、“サクサク”などの食感や、風味に触れることを押さえておけば、誰でも“それらしく”見えるというのだ。「番組にとってもわざわざ“食レポ専任”である必要がなくなり、需要が減ったと考えられます」(同氏)

    ■応用ばかりで新たな表現は生まれず…しかし、膠着しているからこそのチャンスも?

     また今の食レポは、過去に名を馳せたグルメレポーターらの技術を応用したものが多い。例えば『満点 青空レストラン』(日本テレビ系)の宮川大輔が放つ効果音付きの奇声「うまい!!!!!」は、石塚の「まいう~」があったからこそ生まれた表現といえそうだ。食通の渡部は、グルメ家の中尾彬の系統。『おじゃMAP!!』(フジテレビ系)で香取慎吾が見せる、黙って画面から姿を消し、戻ってきた時にはおかわりを持っている手法は、前述した斉木しげるの「おかわり」とよく似ている。

     「このように、すでに完成された感のある食レポ界。逆に言えば、誰もが新たな挑戦をしないからこそ、のし上がるチャンスもあるということです。事実、人気YouTuberのHikakinさんは、顔芸などのさまざまなレポート技術で若年層から絶大な支持を受けています。“膠着”した場所に彗星の如く現れると、かなりのインパクトを持って迎えられる。こういった場所からスターが生まれるかもしれません」(同氏)

     美味しさを伝えるだけでなく、信用できる食レポが求められる昨今。新たな表現方法の誕生は以前よりハードルが高くなっているのかもしれない。しかし、新たな“美味しさの表現”が生まれなくなるのは寂しいものがある。膠着している食レポ界、あっと驚くような食レポを生み出すスターが現れることを期待したい。(文:中野ナガ)

    2017-05-27
    http://www.oricon.co.jp/special/50016/


    【石ちゃん、彦摩呂で打ち止め? 専任食レポ タレント減少のワケ】の続きを読む


    とんねるずが「リトマス試験紙」 トップが変わるフジテレビの今後 - livedoor
    亀山(千広)社長(60)が更迭されBSフジ社長になることで、ズタズタだったドラマは“亀山案件”がなくなり、自由なスタンスで作れるようになると思います。一方、本当に日枝さんの影響力がなくなるのかは分かりません。“リトマス試験紙”になるのは『とんねるずのみなさんのおかげで ...
    (出典:livedoor)



    (出典 www.asagei.com)



    1 木村カエレφ ★@\(^o^)/ :2017/05/28(日) 08:02:40.54 ID:CAP_USER9.net

    文春オンライン 5/28(日) 7:00配信

    フジテレビは「とんねるず」を切れるか “ドン”の影響力どこまで?

    6月末でフジテレビ会長の座を退き、代表権のない取締役相談役に就くことになった日枝久氏(79)だが、今後の動向が注目されている。

     放送記者が話す。

    「先日、決算説明会で久しぶりに公の場に出てきた日枝氏は、『これまでも執行上のことは社長に任せ、指示したことはない。今後も新会長、社長をバックアップするだけ』と話していました。

     ただ、1988年の社長就任以来、30年近く“フジテレビのドン”だっただけに、今後も“院政”という形で影響力を持つのでは、という見方も根強くある」

     フジのベテラン社員は次のように指摘する。

    「亀山(千広)社長(60)が更迭されBSフジ社長になることで、ズタズタだったドラマは“亀山案件”がなくなり、自由なスタンスで作れるようになると思います。一方、本当に日枝さんの影響力がなくなるのかは分かりません。“リトマス試験紙”になるのは『とんねるずのみなさんのおかげでした』でしょう」

     テレビ誌記者が解説する。

    「『みなさんのおかげでした』は、マンネリ化に加え2人の人気も落ちて、視聴率はヒトケタが続き、5%程度のときも少なくない。2人合わせて1本700万円とも言われるギャラもネックでした。ここ数年はフジ内部からも『もう打ち切った方がいい』という声は聞こえていました」

     それが、今も続いているのにはワケがある。

    「日枝氏が編成局長時代に『夕やけニャンニャン』でとんねるずがブレーク。社長時代に『みなさんのおかげです』で高視聴率を叩き出し、フジ黄金期に大きく貢献した。以来、とんねるずの番組は“日枝物件”と呼ばれ、特に石橋貴明(55)とは食事やゴルフに行く仲です。亀山社長はタモリ(71)の『笑っていいとも!』は打ち切りにできても、とんねるずはついに切れなかった」(芸能デスク)

     バトンは新社長に就任する宮内正喜氏(73)に渡された。

    「宮内氏が最初に手掛けなければならないのが番組の見直しです。第1弾となる10月の番組改編で、低迷久しい『みなさんのおかげでした』の打ち切りが発表されれば、本当に日枝氏の院政はないことが分かります」(同前)

    “リトマス試験紙”にはどちらの色が出るのか。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170528-00002628-bunshun-ent


    【【文春】フジテレビは「とんねるず」を切れるか “ドン”日枝久氏の影響力どこまで?】の続きを読む


    布施博 「年下の大スター」から共演NG宣告の過去…「クソガキが!」/芸能 ... - デイリースポーツ
    俳優・布施博(58)が27日、テレビ朝日系「土曜あるある晩餐会」に出演。「日本を代表する年下の大スター」と「火曜サスペンス劇場」で共演した際、共演NGを宣言されたこと ...
    (出典:デイリースポーツ)



    (出典 contents.oricon.co.jp)



    1 湛然 ★@\(^o^)/ :2017/05/28(日) 05:01:02.92 ID:CAP_USER9.net

    2017.5.27

     俳優・布施博(58)が27日、テレビ朝日系「土曜あるある晩餐会」に出演。「日本を代表する年下の大スター」と「火曜サスペンス劇場」で共演した際、共演NGを宣言されたことを激白。「ぶち*てやろうかと思った」といまだ消えない怒りをぶちまけた。

     その俳優が2時間ドラマ「火サス」で主役を演じていた時、撮影終了時に「お疲れさまでした」とあいさつすると、「君とは二度と仕事しないから」と言われたという。布施は「年下ですよ!ぶち*てやろうかと思った」と当時を振り返った。

     昨年、ある番組で再会。当時の“共演NG”発言を覚えていないと思われるその俳優は「あ~、お久しぶり」と声をかけてきたそうで、「コノヤロー」と思ったことを明かし、「クソガキが!」と吐き捨てていた。

     因縁の俳優について、布施は「50ちょいぐらい。最近頑張り始めた」とヒントを出していた。



    (出典 daily.c.yimg.jp)

    https://www.daily.co.jp/gossip/2017/05/27/0010230898.shtml


    【布施博 「年下の大スター」から共演NG宣告の過去!…「クソガキが!」いまだ消えない怒り】の続きを読む


    岡副麻希、生放送中に居眠り!?「放送事故」と集中砲火 - 芸能ニュース掲示板|爆サイ.com関東版


    NO.5556281
    岡副麻希、生放送中に居眠り!?「放送事故」と集中砲火
    岡副麻希、生放送中に居眠り!?「放送事故」と集中砲火
    5月25日に放送された情報番組『めざましテレビ』(フジテレビ系)で、番組レギュラーの岡副麻希アナウンサーと宮司愛海アナウンサーが「居眠りをしていたのではないか?」との疑惑がネット上で浮上。

    特に岡副アナは、以前からアンチを多く抱えているだけに、「バッシングが加速しそう」(芸能ライター)という。

    「問題のシーンが映ったのは、午前7時7分頃。番組ではお笑い芸人・陣内智則と同局の松村未央アナの結婚のニュースを取り上げた後、報道ニュースを伝えました。ニュース映像に切り替わる直前にスタジオが映ったのですが、この時の岡副アナがうつむき気味で目を閉じているように見えたこと、そして宮司アナも下を向いて顔が見えなかったことで、ネット上に『今、寝てるように見えたんだけど?』『放送事故かよ』『放送中に寝るなんて呆れ果てる』といった書き込みが殺到したんです」(同)

    2人が本当に居眠りをしていたか否かは映像では判断できないが、ネットユーザーからの批判は岡副アナに集中したようだ。

    「というのも、岡副アナは以前から、『アナウンス技術があるわけでもなく、きゃぴきゃぴしてるだけでウザい』『アナウンサーというよりタレント気取り』などといわれ、“嫌われ女子アナ”として有名でした。最近では、5月7日の情報番組『ワイドナショー』(同)でゲスの極み乙女。のボーカル・川谷絵音が活動を再開した際、ゲスト出演していた岡副アナの発言がネット上の反感を買ってしまったんです」(同)

    川谷は、ベッキーとの不倫騒動、そして当時未成年だったほのかりんとの飲酒デート騒動の責任を取り、昨年12月から活動を自粛、同番組で5カ月ぶりの復帰となった。

    岡副アナは、そんな川谷に対し、どんな印象を抱いたかコメントを求められたのだが……。

    「岡副アナは『すごい才能があるとわかる』『何でモテるか、わかりました』とコメントするなど、川谷に寄り添うような発言を連発。また川谷が、正月にベッキーを実家へ連れて行ったという話についても、『実家に連れて行かれると“すごく愛されているな”と思っちゃう』と、川谷を擁護していました。『川谷の肩を持つとか、ますます嫌な女だわ』『そこはあえて厳しい意見を言わないと、番組が面白くならない』『ヨイショしかできないの?』など呆れた声が続出しました」(同)

    その矢先の“居眠り疑惑”だったため、「また岡副かよ」と、宮司アナそっちのけの集中砲火となった模様。

    着実にアンチを増やしている岡副アナだが、視聴者の冷たい視線に気づく日は来るのだろうか。

    【日時】2017年05月27日 11:45
    【提供】サイゾーウーマン


    【岡副麻希、生放送中に居眠り!?「放送事故」と集中砲火】の続きを読む


    重盛さと美 島田紳助さんに「芸能界やめろ」と言われ、干された過去告白 - デイリースポーツ
    タレント・重盛さと美(28)が27日、フジテレビ系で放送された「めちゃ×イケてるッ!」に出演。2011年に芸能界を引退したお笑いタレントで大物司会者、島田紳助さん(61)に「芸能界やめろ」と言われ、番組を干されたことを、涙を浮かべ衝撃告白した。 この日の番組は、一般企業 ...
    (出典:デイリースポーツ)



    (出典 image.news.livedoor.com)



    1 ひろし ★@\(^o^)/ :2017/05/27(土) 21:10:04.42 ID:CAP_USER9.net

     タレント・重盛さと美(28)が27日、フジテレビ系で放送された「めちゃ×イケてるッ!」に出演。2011年に芸能界を引退したお笑いタレントで大物司会者、島田紳助さん(61)に「芸能界やめろ」と言われ、番組を干されたことを衝撃告白した。

     この日の放送は、一般企業の新入社員を前に、めちゃイケメンバーがスピーチをする企画。2007年に福岡から上京し、芸能界デビューした重盛は、「最初はうまく行かないことばっかりで…」と当時を振り返った。

     最初は「あるすごい大物司会者さん」と名前を伏せた状態で、番組の収録中に「お前なんで芸能界入ったんや」「お前なんか絶対売れへんから、芸能界やめろ」と説教され、「その方の番組には一切出れなくなってしまいました」と紳助の番組から干されたことを告白した。

     しかし、2011年のフジ系「27時間テレビ」でめちゃイケメンバーが総合司会を務め、紳助と共演。紳助に干されていることから、「みんなに迷惑をかける」と気にしていた重盛だが、インティナインの岡村隆史が、番組で「おもろいやん!おもろいやんけ!」と行ってくれ、「ただただ、頑張ろうと思いました」と岡村のおかげで頑張ることができたと話した。

     重盛はスピーチの最後で、そこまで伏せていた名前を「紳助さんに嫌われて…」と実名でポロリ。別室で見守っていた岡村や極楽とんぼの加藤浩次らを仰天させていた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170527-00000135-dal-ent


    【重盛さと美 島田紳助さんに「芸能界やめろ」と言われ、干された過去告白】の続きを読む

    このページのトップヘ