気になるニュース

わたし的に気になる芸能ニュース

    2017年03月


    指原莉乃  AKB選抜総選挙出馬なら「今年が最後」


    NO.5439790
    指原莉乃 AKB選抜総選挙出馬なら「今年が最後」
    指原莉乃 AKB選抜総選挙出馬なら「今年が最後」
    HKT48の指原莉乃が、26日放送のフジテレビ系『ワイドナショー』(毎週日曜 前10:00)に出演し、6月17日に沖縄・豊見城市の豊崎海浜公園 美らSUNビーチで開票イベントが行われることが決定した『第9回AKB48選抜総選挙』について「もし出るとしたら今年が最後と決めている」と胸中を明かした。

    昨年史上初の2連覇を達成した指原は、今月20日に沖縄開催が発表されたときには「総選挙後に美味しく泡盛をいただけるような結果にできるように、これから総選挙に本腰を入れてもっと頑張りたいと思います」と3連覇に向けたコメントをしていたが、番組では「まだ私、出るって決めてないので。感覚で言っちゃっただけでまだ決めてない」と説明。

    もし出馬するとしたら「今年が最後と決めている」といい、コメンテーターの松本人志から「間違いないの?」と聞かれると「それは間違いないです」と断言した。

    松本が「指原が出なかったら選挙終わっちゃうんじゃないの?」と驚くと「若手のファンの方から指原さんが出ると順位が変わらなくてつまらないと言われるのがしんどいので。上位が固まっちゃうんですよ、どうしても」と胸中を明かしていた。

    総選挙は立候補制で、今月31日いっぱいで締め切られる。

    【日時】2017年03月26日 10:13
    【ソース】ORICON STYLE


    【指原莉乃  AKB選抜総選挙出馬なら「今年が最後」】の続きを読む


    フジテレビが「あいのり」MCにベッキー起用 TV関係者は冷ややか - livedoor
    ベッキーは昨年、ロックバンド「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音との不倫スキャンダルが「週刊文春」(文藝春秋)で報じられ、一大騒動に発展。クリーンなイメージを持つベッキーの不倫ということで、批判が大噴出したが、ベッキーが会見で嘘をついたことが根源的な問題 ...
    (出典:livedoor)



    (出典 s.eximg.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2017/03/27(月) 02:41:48.56 ID:CAP_USER9

    24日、タレントのベッキーが「2017 FOD(フジテレビオンデマンド) コンテンツ発表会」に出席。
    Netflix×FOD「恋愛観察バラエティーあいのり REBOOT(仮)」のメインMCへの起用が発表されたが、テレビ関係者は冷ややかな視線を向けている。

    ベッキーは昨年、ロックバンド「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音との不倫スキャンダルが「週刊文春」(文藝春秋)で報じられ、一大騒動に発展。
    クリーンなイメージを持つベッキーの不倫ということで、批判が大噴出したが、ベッキーが会見で嘘をついたことが根源的な問題として未だに各方面から非難されている。

    ベッキーは、不倫騒動後に一時芸能活動を休止。その後、芸能活動を再開させ、徐々に仕事の幅を広げているが、スキャンダル前の人気からはほど遠いのが現状である。

    そんな中、フジテレビはベッキーを「恋愛観察バラエティーあいのり REBOOT(仮)」のメインMCに起用。
    ベッキーは芸能活動を再開させた後、同局の「ワイドナショー」や「27時間テレビ」(電話出演)に出演していた。

    「今のところ、TBSやNHK、地方局でも仕事をしていますが、フジテレビがベッキーを気に入っていることは、今回の起用で鮮明となった。
    そこまで、ベッキーにこだわる意味がわかりません」(某局ディレクター)

    「あいのり」といえば、1999年10月~2009年3月まで地上波放送された人気番組。
    ベッキーも今回のオファーについて「なぜ恋愛偏差値が低いベッキーが…と思われると思いますが、私も驚きました」と自虐ネタを投下。
    ベッキーを起用することで大きな話題となり、視聴者も増えそうな気もするが…。

    「そんな簡単なことでは視聴率は上がらないのが、今のテレビ業界。視聴率低迷が加速しているフジテレビにとって、
    ベッキー起用はドヤ顔のようですが、おそらく上層部は何もわかっていないのでは? 
    煽るだけのコンテンツ制作は時代遅れですね。視聴者を喜ばせることを忘れている」(民放キー局編成部長)

    視聴率低迷もさることながら、何かと批判が殺到しやすいフジテレビ。
    記憶に新しいのが、4日にフジテレビで地上波初放送した人気アニメ映画「アナと雪の女王」の炎上騒動。
    放送前から、フジテレビは積極的に番宣をし、視聴者に呼びかけていたが、番組エンディングの演出に対し、ネット上で批判が殺到。大炎上となってしまった。

    「色々なテレビ局でADとして仕事をしていますが、なんとなくフジテレビさんの番組作りはズレていると思いますね。
    視聴者に向き合っていなくて、独りよがり。そういったところが、視聴率低迷にも影響していると思います」(テレビ制作会社・AD)

    フジテレビは一体どこに向かっていくのだろうか…。

    http://news.livedoor.com/article/detail/12848587/
    2017年3月26日 10時0分 リアルライブ


    【〈ベッキー〉あいのりMC起用で迷走極めるフジテレビ】の続きを読む


    ダウンタウンが25年日本万博誘致委員会のアンバサダーに! - スポーツ報知
    大阪市は24日、2025年日本万博博覧会(会場予定地・大阪市)の誘致を目指して、人気お笑いコンビ・ダウンタウンをアンバサダーに、官民共同の誘致推進組織「2025 日本万博博覧会誘致委員会」が発足すると発表。27日に都内で行われる誘致委員会発足式典に、 ...
    (出典:スポーツ報知)



    (出典 tv-watcher.jp)



    1 鉄チーズ烏 ★@\(^o^)/ :2017/03/24(金) 07:14:32.67 ID:CAP_USER9.net

     大阪府が誘致を目指す2025年国際博覧会(万博)の全国誘致委員会に、ダウンタウンの松本人志(53)と浜田雅功(53)が参加することが23日、関係者への取材で分かった。東京都内で27日に開かれる全国委の発足式に2人も出席する方向で調整している。

     2人はともに大阪府に隣接する兵庫県尼崎市出身で、1970年の大阪万博時は7歳。55年ぶりとなる大阪開催を実現させるべく、抜群の知名度を生かし国内機運を盛り上げてほしいとの期待がある。浜田は過去にTBS系「水曜日のダウンタウン」内で、70年万博の際、父親が仕事でソ連館(当時)のペンキを塗っていたことを明かしている。

     全国委は、国内外でのプロモーション活動などを担う。トップには経団連の榊原定征会長の就任が内定し、大阪府の松井一郎知事や関西経済3団体のトップらも副会長として参加。「オールジャパンの体制」(松井氏)を敷く。

     25年万博にはフランスのパリも立候補を表明し、強力なライバルとみられている。誘致には国内の機運醸成が不可欠だが、松井氏は「まだまだ」と指摘していた。ダウンタウンには「盛り上げ役」が期待され、会員制交流サイト(SNS)やPRイベントを通じた広報活動を担うとみられる。

     政府は13日に、会場を大阪市の人工島・夢洲(ゆめしま)とし、テーマに「いのち輝く未来社会のデザイン」を掲げた万博の構想案を取りまとめた。閣議決定を経て、5月までにパリに本部のある博覧会国際事務局(BIE)に立候補を届け出る方針。

    2017.3.24
    https://www.daily.co.jp/gossip/2017/03/24/0010029107.shtml

    (出典 daily.c.yimg.jp)


    【ダウンタウン 2025年「大阪万博」誘致委員に】の続きを読む


    出川哲朗、狩野英孝の近況明かす「焼き肉に来ないぐらい反省」 - ORICON NEWS
    事務所の後輩で現役女子高生との淫行疑惑が報じられ、謹慎中のお笑いタレント・狩野英孝(35)の近況を明かした。 【写真】その他の写真を見る. CM出演が決まり不祥事は厳禁となった出川は「僕は不祥事とかスキャンダラスという言葉が一番、大嫌いなタレント」と言い切った。
    (出典:ORICON NEWS)



    (出典 natalie.mu)



    1 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ :2017/03/27(月) 15:49:16.99 ID:CAP_USER9.net

    お笑いタレントの出川哲朗(53)が27日、都内で行われたニチガスの新CM記者発表会に出席。
    事務所の後輩で現役女子高生との淫行疑惑が報じられ、謹慎中のお笑いタレント・狩野英孝(35)の近況を明かした。

    CM出演が決まり祥事は厳禁となった出川は「僕は不祥事とかスキャンダラスという言葉が一番、大嫌いなタレント」と言い切った。
    そんな中で狩野の話題を振られると「絶対、来ると思った」とただただ苦笑い。

    それでも「ホントにリアルは電話で話してます」と謹慎中もやり取りはしているという。
    ただ、焼き肉に誘ったが「今は謹慎中なのでやめておきます」と断られたとも語った。
    「焼き肉に来ないぐらい本当に反省してんだと思った。
    本当に反省してるっていうのもおかしな言い方ですけど」と狩野が自らに厳しい制限をつけていることを明かした。

    イベントでの“ガス自由化”の話題に絡めて、狩野の自由化はいつかと問われると
    「そろそろされるんじゃないのかな。半年後ぐらいじゃないですか。僕が決めることじゃないので」と語ったところで、
    まずいと思ったのか「ニチガスさんと狩野を一緒にするな!」と我に返っていた。

    http://news.livedoor.com/article/detail/12853711/
    2017年3月27日 15時26分 オリコン


    【出川哲朗、狩野英孝の近況明かす「焼き肉に来ないぐらい反省」】の続きを読む


    石橋貴明が番組制作会社を買収?”古い感性と芸風”に関係者も萎縮 ... - エキサイトニュース
    石橋貴明(55)が制作会社を買収して、番組を完全に掌握しようとしている──。こんな噂が各局のバラエティ担当者の間で駆け巡ったのは3月中旬のことだった。3月9日 ...
    (出典:エキサイトニュース)



    (出典 www.zakzak.co.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ :2017/03/27(月) 15:33:33.12 ID:CAP_USER9.net

    石橋貴明(55)が制作会社を買収して、番組を完全に掌握しようとしている──。
    こんな噂が各局のバラエティ担当者の間で駆け巡ったのは3月中旬のことだった。
    3月9日放送の『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)のコーナーで、占いができる人を訪れた石橋が、「これから(テレビ番組)制作会社やったら成功しますかね?」
    と本気の相談を持ち掛けたことに起因している。
    その際に画面テロップでは「石橋は最近よく安西Pのちっちゃい制作会社を買うといっています」とご丁寧に説明まで加えられている。
    石橋が買い占めようとしてるのは、どんな制作会社なのか。業界関係者が解説する。

    「『おかげでした』のプロデューサー安西義裕氏が経営にかかわるガッツエンターテイメントだと言われています。
    『おかげでした』をはじめ、『有吉反省会』(日本テレビ系)や『幸せ!ボンビーガール』(同)などバラエティに強い制作会社。
    現在も『バイキング』(フジテレビ系)の演出を手掛けるなど、役員クラスもプレーヤーとして活動している。
    もし石橋さんが買収したら、まずは『おかげでした』で出演だけではなく、演出家やプロデューサーとしても腕を振るうことになるのでは」

    この噂を聞いた現場からは、ため息ともつかない声が漏れ聞こえてくるのだ。

    ■感性も笑いのツボも古すぎる?

    一タレントに過ぎない石橋が、番組制会社まで手中しようとする動きに怪訝な表情を浮かべる関係者は少ない。

    「石橋は『ザギン(銀座)でシースー(寿司)』、『チャンネー(お姉ちゃん)とギロッポン(六本木)でルービー(ビール)』などネタや笑いのツボが古いんです。
    よく今の時代に……と思ってしまうような状態で、スタッフも困り果てている。にも関わらず、スタッフが作った台本を見せて気に入らないと、
    『こんなのはできない』と一蹴する。
    とんねるずには作り込んだ台本は必要とされず、アドリブだけで番組が進んでいってしまうなんてことは日常の光景。
    才能あるスタッフも萎縮するばかりの空気が漂っている」(バラエティ番組関係者)

    ならば、どうしてこんなに重宝されるのか。バラエティ番組を制作するプロデューサーが解説する。

    「とんねるずといえば、90年代に『ねるとん紅鯨団』(フジテレビ系)を皮切りに、平均視聴率が20%近い超人気番組を牽引してきました。
    日本のバラエティの礎を築いたともいえる存在です。
    その時代に、とんねるずの寵愛を受けてきた現場ADが今はトップクラスに出世したため、とんねるずを切るなんてことはとてもできないんです」

    そろそろ経営側に、という石橋の思いもわからなくはないが、視聴者が置いてけぼりにならない番組作りに徹してほしいと願うばかりだ。

    http://news.livedoor.com/article/detail/12852926/
    2017年3月27日 11時46分 デイリーニュースオンライン



    【石橋貴明が番組制作会社を買収?”古い感性と芸風”に関係者も萎縮】の続きを読む

    このページのトップヘ