気になるニュース

わたし的に気になる芸能ニュース


    中居正広の暗躍、ジャニーズ事務所をも秤にかける存在に - 週刊女性PRIME [シュージョプライム]
    「3人がフリーになった日、中居さんが“餞別”として高級バッグなどを贈った、という報道がなされました。 一部では彼ならではの気遣いと美談扱いされましたが、いまさら30年間を過ごした家族同然の元メンバーに、なぜ贈る必要があったのか。いささか不自然な点もある。彼の性格 ...
    (出典:週刊女性PRIME [シュージョプライム])



    (出典 geitopi.com)



    1 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ :2017/09/20(水) 08:05:56.45 ID:CAP_USER9.net

    ジャニーズ事務所を退社した元SMAP稲垣吾郎(43)、草なぎ剛(43)、香取慎吾(40)に対するかつての仲間・中居正広(45)の餞別が波紋を呼んでいる。
    中居正広は、3人が退社した翌日の9月9日、それぞれに高級ブランドのルイ・ヴィトンのバッグとグッチの洋服を贈った。
    これを、10日付の『日刊スポーツ』が報じたため、中居正広側が美談としてリークした可能性が指摘されている。

    「中居は一時、3人とともに独立を目指していました。しかし、結果的に残留を決めたため、3人だけでなくファンから“裏切り者”と批判されることを恐れたとされています。
    後ろめたさがある中居が、3人を気遣うポーズをみせることで、バッシングをかわそうとしたのではないかという観測も一部でありました」(スポーツ紙記者)

    一方で、発売中の『週刊文春』(文藝春秋)は、中居がリーク説の蔓延に困惑しているとも報道。
    心からのはなむけか、単なる手切れか。その真意は中居しか分かりかねないところだ。

    そんな意味深いプレゼント贈呈の陰で、中居のジャニーズ事務所での存在感が絶大になってきている

    ■中居正広への忖度で新CMにゴールデン起用か

    9月19日発売の『週刊女性』(主婦と生活社)は、所属タレントへの強権ぶりで知られるあのジャニーズが、中居に頭が上がらない状況であることを報じている。

    「『週刊女性』の記事では、残留か独立か、中居が事務所を相手に秤にかけていると表現してその優位性を伝えました。
    バラエティ番組や音楽番組のMCなど起用に幅広く仕事をこなす中居はドル箱的存在。
    ジャニーズは中居を丁重にもてなし、レギュラー番組をゴールデン帯に引き上げたり、新規CMに起用するなどの配慮を示しているようです」(週刊誌記者)

    業界で鳴らすコワモテ事務所すら手玉に取るほどの絶対的な権威を示す中居。独立した3人にとっては、もはや遠い存在にすらなっているようだ。
    立場の大きな変化によって、プレゼントの真意に様々な憶測を呼んでしまうのは、致し方ことなのかもしれない。

    http://dailynewsonline.jp/article/1356521/
    2017.09.20 07:39 デイリーニュースオンライン


    【中居正広にジャニーズ事務所が完全屈服?崩れた芸能界バランスの深層】の続きを読む


    鈴木砂羽“土下座降板”だけじゃない!共演者凍った激昂騒動 - エキサイトニュース
    ... 「今年2月にうちの事務所が主催した舞台が増席するほど好評で、そういう舞台がやりたいと脚本家の江頭美智留先生から相談がありました。そこでうちの女優2名をお貸しするかたちで始まった話でした。看板となる女優が欲しいという話をしたところ、江頭先生が『最近、鈴木 ...
    (出典:エキサイトニュース)



    (出典 amd.c.yimg.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ :2017/09/20(水) 07:42:05.08 ID:CAP_USER9.net


    (出典 image.news.livedoor.com)


    「今年2月にうちの事務所が主催した舞台が増席するほど好評で、そういう舞台がやりたいと脚本家の江頭美智留先生から相談がありました。
    そこでうちの女優2名をお貸しするかたちで始まった話でした。看板となる女優が欲しいという話をしたところ、江頭先生が『最近、鈴木砂羽さんからメールが来る』と話していたので、
    『それなら主演は鈴木さんでいいじゃないですか』ということになった。
    鈴木さんは主演を受けてくれたのですが、演出も自分でやりたいと言い出して……」

    そう語るのは、鈴木砂羽(44)の演出・主演舞台『結婚の条件』を降板した鳳恵弥(36)と牧野美千子(52)が所属する事務所の関口忠相社長だ。
    鈴木は並々ならぬ情熱をこの舞台に注いでいたという。

    「鈴木さんは今回が舞台初演出。彼女は以前から、来年には自身のプロデュース公演をしたいと公言していました。今作をその足掛かりと考えていたようです」(演劇関係者)

    だが、その“やる気”は時に空回りしているかのように見えたという。

    「舐められたくないという思いが強かったためか、舞台の稽古初日から威圧的に見えました。
    8月初頭に、本読みが始まったのですが、鳳さんと牧野さんは9月から始まるネットドラマの撮影のために、稽古に来られないことがあった。
    ここで甘い顔を見せてはいけないと考えたのではないでしょうか」(前出・演劇関係者)

    関口社長は、当初から鈴木の演出家としての手腕に疑問を抱いていたという。

    「演出経験の少ない鈴木さんは、自分が連れてきた女性演出助手に頼りっぱなしでした。
    一方の演出助手は鈴木さんの言いなり。
    演出助手が『食えない劇団員のために鈴木砂羽が演出してるんだから』と、ウチの女優も含めてみんなの前で言ったときにはびっくりしました」

    鈴木は稽古で、“女王”のように振る舞っていたという。

    「初日が近づくにつれて、イライラが激しくなってきて。
    鳳さんと牧野さんに『何で役の心情がわからないかなぁ!』と、よく怒鳴っていました」(前出・舞台関係者)


    鈴木は以前から、許せないことがあると激昂する癖があったと語るのは芸能関係者だ。

    「鈴木さんはプロ意識が高いぶん、いい加減なことが許せなかったようです。
    ある連続ドラマの制作発表で、出演者の控室が全員同じ大部屋だったことがあったんですが……会見が終わり、控室に戻ると鈴木さんのバッグが置きっぱなしになっていたんです。
    すると付き人を控室の外に呼び出して、『盗まれたらどうするのよ!』と怒鳴っていました。
    ミスだとしても、そこまで怒鳴ることかと、共演者たちは凍り付いたと」

    舞台への強い“情熱”と“激昂癖”。両者が重なり合い、共演者との軋轢を生んでしまったのかもしれない。


    http://news.livedoor.com/article/detail/13635350/
    2017年9月20日 6時0分 女性自身


    【鈴木砂羽“土下座降板”だけじゃない!共演者凍った激昂騒動】の続きを読む


    「レコ大」受賞者内定!?バーニング社長が寵愛する「無名新人」とは? - 芸能ニュース掲示板|爆サイ.com関東版


    NO.5797855 2017/09/20 12:59
    「レコ大」受賞者内定!?バーニング社長が寵愛する「無名新人」とは?
    「レコ大」受賞者内定!?バーニング社長が寵愛する「無名新人」とは?
     年末の風物詩「日本レコード大賞」で、「早くも今年の新人賞受賞が内定した」とウワサされるアーティストが存在するという。

    その人物に関しては、各マスコミや音楽業界関係者も、一部を除いては「誰?」「見たことも聞いたこともない」といわれるような、無名アーティストだというが……。

    昨年「レコ大」は、「週刊文春」(文藝春秋)が報じた「1億円買収騒動」により、一気にブラックなイメージが拡散してしまった。

    同騒動には、バーニングプロダクションが関係していたというが、今回“新人賞内定”といわれるNOBUというアーティストに関しても、やはり同社が深く絡んでいるという。

    「NOBUは、まだ業界関係者にすら浸透していませんが、長らくインディーズで活動し、一度はレーベルから契約を切られながら、今年3月に再メジャーデビューした苦労人です。しかし、彼の場合は実力や人気うんぬんでなく、業界の超大物から熱烈な支援を受けていることで、一般層というより、業界内でその評判が徐々に広まりつつあります」(音楽業界関係者) 

    この超大物というのが、ほかならぬバーニング社長で、“芸能界のドン”こと周防郁雄社長なのだという。

    「NOBUは現在、周防社長から、新人では考えられないほどの好待遇を受けています。各地でのプロモーション活動は、全て周防社長が支援している状況のため、スポーツ紙の音楽担当記者は、NOBUの出身地の宮崎など、どこへでも取材に飛ばされています。そして、読者のことはお構いなしで、スポーツ紙に何度も彼の記事が掲載されているわけです。過去にも、周防社長の新人プッシュは、何度か業界を騒がせていますが、NOBUの場合は特にご熱心。『レコ大』新人賞どころか、『NHK紅白歌合戦』初出場まで狙っているといった話まで出ています」(スポーツ紙デスク) 

    2010年、“ドンの寵愛”を受けたことにより、突如猛プッシュされたのが、植村花菜だった。

    「代表曲『トイレの神様』が周防社長の琴線に触れたらしく、植村のゴリ押しがスタート。結果的に『日本有線大賞』で優秀賞受賞、そして『紅白歌合戦』初出場へとこぎ着けました」(同) 

    間もなく『紅白』や「レコ大」の選考に関して、さまざまな情報が飛び交いだす時期だけに、NOBUに関しても今後、植村と同じような怒涛のプロモーションが展開されることだろう。

    【日時】2017年09月20日 11:45
    【提供】サイゾーウーマン


    【「日本レコード大賞」早くも新人賞が内定? バーニング社長が寵愛する「無名新人」とは?】の続きを読む

    このページのトップヘ