気になるニュース

わたし的に気になる芸能ニュース


    戸田恵梨香、成田凌と破局 朝ドラヒロイン抜てきと事務所の心境


    NO.7125595 2018/12/11 15:20
    戸田恵梨香、成田凌と破局 朝ドラヒロイン抜てきと事務所の心境
    戸田恵梨香、成田凌と破局 朝ドラヒロイン抜てきと事務所の心境
    かねてから交際が伝えられていた、戸田恵梨香と成田凌がすでに“破局済み”だと、12月10日発売の「週刊現代」(講談社)が報じている。

    一方で、翌11日発売の「フラッシュ」(光文社)では「交際順調」とも伝えられているものの、実際は“冷却期間”とみられているようだ。

    今後大仕事を控えている戸田だけに、現在はやはり「断捨離モード」なのだろうか。

    両者の交際は、昨年10月に「フライデー」(講談社)のスクープで発覚。

    『コード・ブルー‐ドクターヘリ緊急救命‐THE THIRD SEASON』(フジテレビ系)の共演を通じて交際に発展したとされる2人だが、それをマスコミにキャッチされた顛末は、世にも珍しいものだった。

    「成田が戸田を乗せた車を運転中、フライデーのハリコミ車にぶつけてしまう“交通事故”からの発覚でした。誌面には、警察から事情聴取を受ける2人の写真まで掲載されるという、前代未聞の珍事となりました」(スポーツ紙記者) 

    すっかり赤っ恥の戸田と成田だったが、その後も交際は継続。

    今年8月には、一般人が撮影したとみられる2人のセブ島旅行風景が、Twitter上に拡散された。

    「しかし戸田は10月、“断捨離”としてインスタグラムの投稿を全削除。『30歳を迎えた時に決めたのです。今までの考え方や持っているものを出来る限り捨てる』と、インスタグラム上で宣言していました。成田との関係に距離をおいたのも、この時期だったと見られています」(テレビ局関係者) 

    同時期には成田もインスタを非公開にしており、双方のファンをざわつかせていたものだった。

    「今月には、戸田が来秋からのNHK朝ドラ『スカーレット』に主演することも発表され、成田との交際を“一度リセット”したことと、何かしら因果関係があるのではと言われています。20代は次々と共演者と恋仲となり、完全に“お騒がせ女優”だった戸田ですが、事務所は30歳を機に『演技派女優』路線に転向してほしいと希望しています」(同) 

    スキャンダルに厳しいNHKとの兼ね合いもあって、両者は距離を置くようになったのだろうか。

    「CMの数もギャラも、戸田は同世代のトップ女優に比べてやや少ないのですが、やはりネックとなっているのがスキャンダル報道の数々。交際自体はいいとして、取っ替え引っ替えのイメージが拭えないだけに、結果的に仕事にも悪影響が出てしまっているんです」(同) 

    最近の言動を見る限り、少なくとも朝ドラ撮影中に異性交際がスクープされる心配はないようだが、戸田には中途半端な路線変更よりも、“恋多き女優”の道を邁進してもらいたいものだ。
    【日時】2018年12月11日 11:56
    【提供】サイゾーウーマン


    【戸田恵梨香、成田凌と破局 朝ドラヒロイン抜てきと事務所の心境】の続きを読む



    (出典 hayabusa.io)



    1 膳摩漏 ★ :2018/12/11(火) 15:20:27.91 ID:CAP_USER9.net

    12月10日に放送された、女芸人No.1を決める大会『女芸人No.1決定戦 THE W』(日本テレビ系)でのお笑い芸人・紺野ぶるまのネタに物議が集まっている。

     同番組では大会の決勝戦が行われ、ファーストステージで紺野は横澤夏子と対戦。紺野は「田舎でちやほやされたために勘違いして上京した売れない女優が自虐する」といったネタを披露したのだが、その中で「地元のみんなも、いまだに私がAKBにいてもおかしくなかったって言ってくれてる。あのさ、『AKBにいそう』って、このご時世もはや悪口だと思うよ」と発言。結果的に紺野は横澤に敗れてしまったが、会場の笑いを誘っていたほか、副音声を務めていた松本人志もこれに爆笑していた。

     しかし、放送後、ネットからは、「AKBファンからしたら紺野ぶるまのネタは不快感しかないし笑えないんだけど」「ショック。人を傷つけて笑いを取ろうとする感覚が分からない」「AKBも努力してるのにこんなん言われたら本当に悲しくなる」といった声が噴出。AKB48の冠番組『AKBINGO!』(同)でも、メンバーが『THE W』に挑戦する企画が行われており、番組の宣伝にもなっていたため、「『AKBINGO!』で宣伝してたのにこの仕打ち?」といった声も。また、ネタ披露終了後、「ねえどうしてくれる?」と自身のネタを呟いた紺野のツイッターアカウントのもとにも、多数の罵詈雑言が寄せられる事態になっている。

     また、AKB48のメンバーの茂木忍も同時間帯に「ええーーーーー」とツイート。その後ツイートは削除されたものの、ファンからは、「みんな可愛いから気にしないで」「ファンは可愛いと思ってるよ!」といったフォローが殺到している。しかし、一方では「もともと『AKBにいそう』って、褒め言葉ではなく使われてたじゃん」「別に特定のメンバーを貶めてるわけじゃないし、笑えるからいいじゃん」「AKBにいるのが絶世の美人だけじゃないって意味でしょ。怒ることじゃない」「たしかに今は坂道の勢いがすごいから…」といった声も多く寄せられている。

    https://npn.co.jp/article/detail/23267554/


    (出典 pbs.twimg.com)



    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    【紺野ぶるま「AKBにいそうって、もはや悪口」にAKBファンが激怒、ネットは同意の声も】の続きを読む



    (出典 img.cinematoday.jp)



    1 鉄チーズ烏 ★ :2018/12/11(火) 07:05:49.24 ID:CAP_USER9.net

    「俺が歩道でバイク直してたら、向こうから危ない人来たなぁってみんなで話してて、それがリーダーだったんですよ」

     11月7日放送の『TOKIOカケル』(フジテレビ系)で、大好きなバイクにまつわるエピソードを披露した長瀬智也。昨年9月には事務所に黙ってインスタグラムを開設。バイクにまたがったり、ギターを演奏する投稿を見たファンは、騒然となった。

     そのアカウントはすでに削除されているが、ほかにも彼が長年、愛好しているものがある。

    「'03年に“T”と“A”を組み合わせたデザインのタトゥーを胸に入れました。当時交際していた浜崎あゆみさんと自分のイニシャルを結びつけ、合わせるとハートになるという凝った趣向。それからタトゥーにハマりだしたそうです」(スポーツ紙記者)

    ■4年前から入れている“新タトゥー”

     浜崎と別れてからほどなくして消したそうだが、すでに新たな別のタトゥーを入れている。

    「公表はしていないそうですが、長瀬さんは4年前、お腹にタトゥーを入れているんですよ。テレビなどには映らないようにしているみたいですね」(長瀬の知人)

     こだわりが詰まったデザインで、馬やネジ、蔦をモチーフにして“バイクに乗る男”のイメージを表現したものだという。

    「少しずつモチーフを増やしていって、依頼してから実際に彫り物を入れるまで1年近くかけていました。すごく気に入っていたようで、見せてくれたこともありますよ。“目立たないところにしか入れられないんだ”と、少し寂しそうでした」(同・知人)

     そのときは満足したものの、最近では後悔しているそう。

    「やはり、日常生活に差し支えるところがあるみたいで。今はまた消したくなったそうです。周囲にも“あれは若気の至りだった……”と話しているとか」(別の長瀬の知人)

     タトゥーを消すにはいったいどれくらいの費用がかかるのか。『高須クリニック』の高須克弥院長に聞いた。

    「大きさや色など、タトゥーの状態により異なります。レーザーによる除去なら、1センチ×1センチサイズで1万円。切除縫縮による除去、顔面以外のタトゥーを単純に縫合する場合の目安は、1センチで2万5000円となります」

     実際に長瀬が入れたとされるタトゥーを見てもらうと、

    「半年あけて、2回にわたっての施術になります。金額は実際の状態を見ないと正確には判断できませんが、120万~150万円くらいですかね。施術としては皮膚移植になるでしょう」(高須院長)

     タトゥーを消したいと考えるのは長瀬だけではない。

    「ママ友デビューしてタトゥーがあると何かと引け目があるという女性はいますね。お子さんとプールに行きたいから消したいという相談もあります」(高須院長)

     消すときのほうがお金がかかってしまうタトゥー。40歳を迎えて、いよいよ長瀬も将来を考えだした!?

    12/11(火) 6:30配信 週刊女性PRIME
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181211-00014036-jprime-ent

    (出典 jprime.ismcdn.jp)


    【長瀬智也、ひそかに “馬とネジ”?の タトゥーを入れるも「若気の至り」と後悔】の続きを読む

    このページのトップヘ