気になるニュース

わたし的に気になる芸能ニュース


    週刊文春「好きな芸人」「嫌いな芸人」アンケート結果発表! - エキサイト ... - エキサイトニュース
    「週刊文春」史上初のアンケート企画「好きな芸人」「嫌いな芸人」のランキングが確定した。アンケートは8月8日から8月31日まで、小誌メルマガ会員を対象に募集し、回答 ...
    (出典:エキサイトニュース)



    (出典 image.news.livedoor.com)



    1 Egg ★@\(^o^)/ :2017/09/20(水) 18:05:04.87 ID:CAP_USER9.net

    「週刊文春」史上初のアンケート企画「好きな芸人」「嫌いな芸人」のランキングが確定した。

    アンケートは8月8日から8月31日まで、小誌メルマガ会員を対象に募集し、回答総数は3700票超にのぼった。

    「好きな芸人部門」では1位が明石家さんま(62)、2位がタモリ(72)、3位がダウンタウン(浜田雅功〔54〕・松本人志〔54〕)。

    「嫌いな芸人部門」では1位がダウンタウン、2位が明石家さんま、3位がとんねるず(石橋貴明〔55〕・木梨憲武〔55〕)という結果になった。

    「好きな芸人部門」で注目すべきは、ビートたけし(70)と同数の得票で4位にランクインした宮城のローカル番組出身のサンドウィッチマン(伊達みきお〔43〕・富澤たけし〔43〕)。

    「他の芸人には無い北国小説みたいなセンス」(42・女)といった熱い支持を集めた。2人は「週刊文春」に喜びのコメントを寄せている。

    「純粋に嬉しいです。東北の方が沢山いれてくれたのかな。偉大な先輩方の中にこうやって選んで頂けて、本当に光栄です」

    「嫌いな芸人部門」では、「週刊文春」が“オフホワイト不倫”を報じた宮迫博之(47)と、蛍原徹(49)の雨上がり決死隊が4位に。

    「ホテルに行ってオフホワイトはないやろ」(48・男)といったツッコミに対し、宮迫本人からも神妙なコメントが届いた。

    「すべては私の不徳の致すところでございます」

    「週刊文春」(9月21日発売号)では、「好きな芸人嫌いな芸人」のトップ50とワースト50を、ランクインした芸人たちからのコメントとともに詳報している。

    9/20(水) 16:00配信 
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170920-00004197-bunshun-ent


    【<週刊文春>「好きな芸人」「嫌いな芸人」アンケート結果発表!】の続きを読む


    【電撃発表】安室奈美恵、来年9月引退!公式サイトで発表「引退を考えていた」 世間の反応


    NO.5798644 2017/09/20 22:42
    安室奈美恵引退!来年9月と公式サイトで発表「引退を考えていた」
    安室奈美恵引退!来年9月と公式サイトで発表「引退を考えていた」
    歌手、安室奈美恵(39)が20日、自身の公式ホームページで来年9月16日をもって引退することを発表した。

    安室はこの日、「ファンの皆様へ」というタイトルで、ホームページに声明をアップ。

    「ファンの皆様、いつも応援していただきありがとうございます。先日9月16日に無事、デビュー25周年を迎えることができました。
    皆さんの応援、支えがあって25周年目をスタートできた事に心から感謝しております。ありがとうございます」と冒頭で感謝の言葉をつづった。

    続けて「今日は、私が長年心に思い、この25周年という節目の年に決意した事を書きたいと思います」と切り出すと、「わたくし安室奈美恵は、2018年9月16日をもって引退することを決意致しましたので、この場を借りてファンの皆様にご報告させていただきます」と、芸能界からの引退を発表した。

    そして、「引退までのこの1年 アルバムやコンサート、最後にできる限りの事を精一杯し、有意義な1年にしていきたいと思ってます」と意気込みを語り、「そして、私らしく2018年9月16日を迎えたいと思います」と締めた。

    最後に「皆様、安室奈美恵の最後の1年を、どうぞよろしくお願い致します 安室奈美恵」とつづった。

    安室は1977年9月20日、沖縄県出身。

    92年にアイドルグループ、スーパーモンキーズの一員としてデビューした。

    95年に「TRY ME〜私を信じて〜」が大ヒットし、同年にソロに転身。

    96年に史上最年少で日本レコード大賞を獲得し、翌97年も連続受賞。

    アムラー現象を巻き起こした。

    同年、TRFのダンサー、SAM(55)と結婚。

    翌98年に長男を出産したが2002年に離婚した。

    今月17日に沖縄・宜野湾海浜公園野外特設会場でデビュー25周年を記念する2夜連続での単独公演を締めくくったばかり。

    2012年には台風の影響で同会場での20周年公演が中止となったため、“リベンジ凱旋”が実現。

    台風18号の接近でリハーサルが遅れるなど波乱もあったが、四半世紀を網羅した新旧交えた選曲で、2万6000人のファンに歌姫の神髄を見せつけた。

    ネットの反応
    ・なんでや
    ・ええええええええええええええ
    ・びっくりしたなぁ
    ・結婚すんのかな
    ・マジかよ 伝説になっちまうな
    ・紅白の大トリ決定
    ・まぁお金はあるし、老いて浜崎みたいになる前にかっこよく消えたらいい
    ・ゆるーく活動すればいいのに
    ・コイツスゲーな
    ・NHKのニュース中に速報ってw
    ・え?ニュース速報テロップ出たの?
    ・BSでも出たぞ
    ・なんでよ? イモトが発狂しちゃうよー!
    ・残りの人生、何して暮らすのかな
    ・何か裏がありそうだな

    【日時】2017年09月20日
    【提供】gossip!


    【【電撃発表】安室奈美恵、来年9月引退!公式サイトで発表「引退を考えていた」 世間の反応】の続きを読む


    武井咲主演「黒革の手帖」 打ち上げパーティーが凍りついた一幕 - livedoor
    これも計算のうちだったのか。先日、EXILEのTAKAHIRO(32)との妊娠3カ月のデキ婚を発表し、世間を賑わせた武井咲(23)。過密なスケジュールから逃れるための“確信犯”との説もあるが、彼女が主演するドラマの打ち上げ会場では、とんだハプニングが……。実生活と被る ...
    (出典:livedoor)



    (出典 www.hochi.co.jp)



    1 鉄チーズ烏 ★@\(^o^)/ :2017/09/20(水) 07:30:20.05 ID:CAP_USER9.net

     これも計算のうちだったのか。先日、EXILEのTAKAHIRO(32)との妊娠3カ月のデキ婚を発表し、世間を賑わせた武井咲(23)。過密なスケジュールから逃れるための“確信犯”との説もあるが、彼女が主演するドラマの打ち上げ会場では、とんだハプニングが……。実生活と被るドラマの絶妙なシーンに、会場はミョーな空気に包まれたという。

     ***

     武井主演のドラマ「黒革の手帖」(テレビ朝日系)は、終盤に差し掛かるも、平均視聴率10%台をキープし、まずまずの健闘。最終回の放送を残して無事、クランクアップし、今月7日には、出演者やスタッフら100人以上を集めた打ち上げパーティーが開催された。

     番組関係者が言う。

    「打ち上げは都内のイタリアンレストランで行われました。当日が放送日だったため、会場のモニターには第7話が映し出され、参加者全員で見たのです。当初、武井は妊娠していることもあって欠席と言われていたのですが、主役不在はあり得ない。本人も出席してニコニコしていました」

     この回は、武井演じる主人公・原口元子の経営する銀座のクラブが、窮地に追い込まれるというストーリー。その中盤に差し掛かったところで、会場が気まずい雰囲気に包まれたという。

    「なぜなら、劇中の武井に妊娠が発覚するのです。デキ婚発表から1週間で、タイミング的に、ぴったり。でも、まだこの時点では、会場から、“おおーっ”なんて、冷やかし半分の声も上がっていました」(同)

    ・マスクを付けてコソコソ

     ところが、クライマックスが近づくと、場内は一変することに。

    「警察に追われた主人公が階段から転がり落ちて、なんと流産してしまうのです。ドラマの話とはいっても、時期が時期ですから、会場は、どうしたものかといった感じ。シーンと静まりかえって、ビミョーな空気が漂っていました」(同)

     もっとも、番組自体は、デキ婚の話題も手伝ってか、視聴率は前週に比べて1・7ポイントも上昇。主役の武井にしたら、一安心だったに違いない。さらに、結婚を公にしたことで、カレとの生活にも変化が訪れたようだ。

    「ここ1週間は、連日のようにTAKAHIROが武井のマンションに顔を出しています。以前はマスクを付けてコソコソしていましたが、入籍発表をしてからは、気が楽になったようで、変装なしで堂々と通っている」(芸能記者)

     つまりは、入籍したのはいいが突然すぎたために、2人はまだ通い婚を続けているというわけである。が、現在、武井は都内の約30坪の敷地に戸建てを建築中だ。

     事務所関係者によれば、

    「そこは、2人の新居ではなく、武井が家族のために買ったものです。彼女の母親と妹は現在、同じマンションの別の部屋で暮らしていますが、戸建てが完成したら、地元・愛知県に残っている父親を呼んで家族が戸建てに住むことになる」

     2人は今後、新たな住まいで暮らすというが、武井は年内のスケジュールが詰まっているため、休業に入るのは早くて年明け以降。一緒に暮らすのは、しばらく先になりそうなのである。

    「週刊新潮」2017年9月21日菊咲月増大号 掲載

    9/20(水) 5:58配信 デイリー新潮
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170920-00530359-shincho-ent


    【「武井咲」 ドラマ打ち上げが凍りついた気まずいシーン デキ婚発表のその後】の続きを読む

    このページのトップヘ