気になるニュース

わたし的に気になる芸能ニュース


    messy › ゴシップ › 板野友美の最新シングルが爆死、もう過去の人? - messy
    5月17日に約1年ぶりのシングル「#いいね!」をリリースした元AKB48の板野友美(25)。その初週売上は「オリコン週間CDシングルランキング」によると、推定7,045枚で初登場11位のトップ10圏外で、話題にもなっていない。2010年に大ブレイクしたAKB48の主力メンバーとして ...
    (出典:messy)



    (出典 www.crank-in.net)



    1 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ :2017/05/26(金) 19:03:22.13 ID:CAP_USER9.net

    5月17日に約1年ぶりのシングル「#いいね!」をリリースした元AKB48の板野友美(25)。
    その初週売上は「オリコン週間CDシングルランキング」によると、推定7,045枚で初登場11位のトップ10圏外で、話題にもなっていない。
    2010年に大ブレイクしたAKB48の主力メンバーとして活躍し、2013年に卒業してから4年。
    ソロアーティストとしての活動は低迷していると言わざるを得ないだろう。

    2011年1月発売の1stシングル「Dear J」は初登場2位、同年7月発売の2ndシングル「ふいに」は初登場1位と、AKB在籍中のソロ活動は好調だった板野。
    その後も2012年4月の「10年後の君へ」は2位、2013年6月の「1%」は4位、
    AKB48卒業後初のシングルで2014年2月の「little」は3位、同年12月の「COME PARTY!」は6位、
    2015年7月の「Gimme Gimme Luv」と、とりあえずはオリコントップ10内を維持してきた。
    ただし話題性の面でいえば、デビュー曲以降の彼女の楽曲はほとんど世間で知られていないのが実状。
    そして板野の主演映画『のぞきめ』の主題歌となった2016年4月の「HIDE & SEEK」は11位、そして今回の「#いいね!」も11位と、2作連続でトップ10圏外となってしまった。

    「#いいね!」は通常盤に加え、初回限定盤が2種類、さらにKING e-SHOP盤が5種類と、複数商法を実施しているのにこの結果。
    KING e-SHOP盤にはもちろんスペシャルな特典が用意されていて、150名が参加できるイベントへの応募券と、全5種ある生写真1種がランダムで同封されている。
    価格は600円+税で、複数買いにうってつけの商品だ。
    発売前や後には、各地のショッピングモールでCDを予約・購入しないと参加できないハイタッチ回なども行ってとにかく売上を伸ばそうとしていたようだが、結果に結びつかなかったもよう。

    http://dailynewsonline.jp/article/1315096/
    2017.05.26 18:45 messy / メッシー


    【板野友美の1年ぶり最新シングルがトップ10圏外の爆死! もう過去の人?】の続きを読む



    (出典 s2.dmcdn.net)



    1 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ :2017/05/25(木) 12:00:05.39 ID:CAP_USER9.net

    4月期ドラマ『ボク、運命の人です。』(日本テレビ系)で共演中の、KAT-TUNの亀梨和也(31)と山下智久(32)が、
    5月19日放送の『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)にスペシャルユニット「亀と山P」として生出演し反響を呼んでいる。
    同ドラマの主題歌である『背中越しのチャンス』を披露した二人は、「修二と彰」名義で披露した『青春アミーゴ』以来およそ12年ぶりのタッグ結成となる。
    また、翌週26日放送にも出演予定で「MステだけのSPメドレー」を披露すると予告されている。

    今月17日に発売されたシングルCD『背中越しのチャンス』は、初日から10万枚を越える売り上げをみせ、オリコンデイリーシングルランキング首位を獲得するなど好調で、
    このままいけばウィークリーランキング首位も確実だ。ところが、好調な売り上げの一方で、都内のCDショップでは売り切れが続出。
    特に、DVDつきの初回限定盤が入手困難なようで、Amazonや、フリマアプリ「メルカリ」では、
    早くも定価の数倍の値段で取り引きされているという。この現象にはファンも憤慨しており、怒りの矛先をレコード会社へ向けている人も少なくない。

    「出荷枚数は、レコード会社と各CDショップのやりとりで決められるのですが、売り切れが出るということは、現場の売り上げ予想を大きく上回ったということです。
    “思ったよりも売れた”というのが、関係者の率直な本音でしょう。
    今回も、単発での企画ユニットの予定ではありましたが、このままフィーバーが続けば、ジャニーズ事務所も使わない手はありません。
    2人の今後の活動に、路線変更が生じる可能性はあります」(芸能関係者)

    実際もっと売れる可能性があったのだから、売り切れ続出は関係者の読みが甘かったと指摘せざるを得ない。
    その埋め合わせをするべく、ジャニーズが新たな策を講じてくる可能性は大いにあるということだ。

    ■KAT-TUNの充電期間は延長?

    関係者が“亀と山Pフィーバー”を予想外としていたのは、本家ドラマが低迷しているからに他ならない。
    平均視聴率は、初回こそ12.0%とまずまずのスタートを切ったものの、「面白くない」「もう飽きた」とネット上でも酷評が相次ぎ、2話目以降は激減。
    以降は一桁の、9%台を彷徨っている状況だ。関係者も、低迷する視聴率と、CDの売り上げが直結してしまうだろうと踏んでいたわけだが、どうやらそうではなかったらしい。

    亀梨が所属するKAT-TUNは現在活動休止中で、山下もシングルとなると2013年以来となる。
    それを加味すると、ファンはドラマの調子が関係なくとも、2人の音楽活動を待ち望んでいたということなのだろう。

    「2人の共演を見たいというファンが多いことが分かった今、今後も『亀と山P』名義での露出は増える可能性がある。
    日本テレビで毎年恒例の『24時間テレビ』や、果ては年末の『紅白』にまでねじ込むことも。
    当初の予定ではこの勢いを持って、後のKAT-TUN活動再開に弾みをつける算段だったようですが、
    こっちの方が稼げると分かったジャニーズは、KAT-TUNの休止期間を延長してでも亀と山Pの活動を伸ばそうと考えてもおかしくない」(芸能関係者)

    ソロになって以降、露出が減っていた山下のファンからすれば大歓迎だろうが、
    KAT-TUNの活動再開を願っていた亀梨ファンとしては、何とも複雑な気持ちで「亀と山P」を見守ることになりそうだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1313894/
    2017.05.25 11:45 デイリーニュースオンライン


    【『亀と山P』CD「思ったより売れた」周囲に”微妙な空気”が漂うワケ】の続きを読む


    NEWS手越祐也「LINE漏洩」で女子大生サークルとの繋がりが発覚!? - インフォシーク
    NEWS・手越祐也本人のものと見られるLINEが漏洩したとして話題になっている。タイムラインへの投稿のほか、友達リストも流れており、その交友関係やプライベートのつぶやきが明らかになったのだ。 「タイムラインには手越のプライベート写真が載っていたり、友達リストには ...
    (出典:インフォシーク)



    (出典 smashload.net)



    1 三毛猫 φ ★@\(^o^)/ :2017/05/24(水) 17:17:33.61 ID:CAP_USER9.net

    NEWS手越祐也(29)のLINEアカウントと思われるキャプチャー画像がネット上に出回り、ファンの間に衝撃が走っている。流出したアカウント名は「VAMPIRE」で、手越もペットとして飼っているトイプードルの写真がアイコンになっている。
    ホーム画面だけでなはなく、タイムライン上に書き込んだ内容に友人らが返信する様子まで出回っており、交友関係もはっきりとわかるような状態。さらに、プライベートでの手越の自撮り写真や、「ゴルフ楽しすぎる。。FNS歌謡祭前に練習」「2ヵ月で3回目のタイー!仕事だけど楽しむぞー♪」など、仕事に関する投稿もいくつか見受けられ、本人のものである可能性が高い。

     流出した数々の投稿の中で、ジャニーズファンに衝撃を与えているのが、コンサートチケットについての記述。同アカウントは、2015年3月に「NEWSのコンサートにお誘いした方または、行きたいと言ってくれた方へ」と前置きし、「本当に申し訳ないのですが、事務所が今回のツアーから1人40枚とわけのわからないルールを作ってしまい、みんなに観てもらえないことになってしまいました」と、友人らに宛ててつづっている。この「1人40枚」とは、出演者が知人を招待するためのチケット・通称“コネチケ”と言われるものについての制限枚数だと思われる。

     また、別日の投稿では「4月から始まるツアーですが、同じ業界の友人以外は基本的に本人はチケット取れないのでそこら辺のほどよろしくお願いします。。」というコンサートチケットについての説明とともに、「たくさんのお世話になってる友人に見に来て欲しいのですが、わけのわからんルールを作られてるので申し訳ありません。。」と、友人らへの謝罪文が掲載されている。

     NEWSに限った話ではなく、ジャニーズアイドルが出演するコンサートや舞台などに、家族や著名人が招かれるのは珍しいことではない。会場内で目撃されることもあり、招待客がいることはファンにとって“暗黙の了解”として扱われていた。
    しかし、今回流出した手越のものと思われるアカウントでは、プライベートで交流のある“友人”にチケットを渡しているだけでなく、「1人40枚」の制限があることまで発覚。また、15年の時点で「事務所が今回のツアーから1人40枚とわけのわからないルールを作ってしまい」と書いているため、それ以前はメンバー1人につき40枚以上の“コネチケ”が配布されていた可能性がある。

     この事実についてファンからは、「ファンクラブに入ってお金出してチケット申し込んでも落選するのに、メンバー1人につき40枚もコネチケ渡してるなんて……なんかバカバカしくなってきた」「必死にチケット取ってコンサート楽しみにしてるファンのことどう思ってるの? さすがに腹立つ」「友だちってだけでタダでコンサート入れて、お金払ってファンクラブ入ってるファンが落選か~。切ないわ~」と、怒りや嘆きの声が上がっている。

     “コネチケ”といえば、Kis-My-Ft2横尾渉との交際を“匂わせていた”一般女性の存在が発覚した際にも話題に上っていた。女性はTwitter上で「彼がチケット取ってくれて姉妹3人で行くかもしれない」などと投稿しており、横尾もまた、家族や共演者以外のプライベートで関わりのある人物にコンサートチケットを渡していたようだ。

     手越のアカウントが流出する前の5月16日には、ジャニーズ事務所がファンクラブの「会員規約」と「チケット販売規約」の改定を発表。特に「チケット販売規約」は、転売対策に重点を置いた内容に変更されており、有償・無償を問わず第三者にチケットを譲渡することが禁止されている。営利目的ではないチケット譲渡まで制限されてしまったため、この改定には「厳しすぎる」「定価での譲渡がだめな理由ってなに?」など、ファンから不満が噴出していた。

     「チケット販売規約」にファンが気を揉んでいる最中に起きた“コネチケ騒動”となったため、「無償転売禁止・入場は本人名義のみ……ってそんなことより、『プライベートの友人へのコネチケ配布禁止』っていう条約を追加してほしい」「ファンの転売取り締まる前に、事務所タレントのコネチケをどうにかしろよ」「コネチケ40枚以上も用意しておいて、転売は取り締まるって効率悪すぎない? コネチケ減らせば席増えますけど?」と、事務所の対応に不信感を覚えるファンも多いようだ。

     手越やNEWSだけの問題ではなく、事務所全体の問題にまで発展しているLINE流出騒動。ファンの怒りや不信感を、どのように収束させるのだろうか。

    https://netallica.yahoo.co.jp/news/20170524-11549510-dailynewsq

    ※前スレ
    http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1495595759/


    【NEWS手越祐也のLINEアカウント流出か ”コネチケ”発覚でファンが騒然 「なんかバカバカしくなってきた」】の続きを読む

    このページのトップヘ