気になるニュース

わたし的に気になる芸能ニュース


    広瀬アリスと交際報道 プロバスケ選手「田中大貴」はどんな人? - ハフィントンポスト
    女優の広瀬すず(18)の姉で、女優の広瀬アリス(22)に熱愛が発覚したと、週刊文春が2月8日に報じた。お相手は、プロバスケットボール選手の田中大貴(25)。 週刊文春によると、アリスの所属事務所は「真面目な形でお付き合いさせて頂いております」と答え、田中側も同様の ...
    (出典:ハフィントンポスト)



    (出典 mdpr.jp)



    1 三毛猫 φ ★@\(^o^)/ :2017/02/08(水) 16:01:44.82 ID:CAP_USER9.net

     女優・広瀬すず(18)の姉で、女優の広瀬アリス(22)の熱愛が「週刊文春」の取材により
    明らかとなった。交際相手は田中大貴(25)。昨年9月に開幕したプロバスケットリーグ、
    Bリーグの人気チーム「アルバルク東京」に所属するイケメン選手である。

    「長崎出身、192センチの長身で大学時代は2年連続MVPを獲得。東京五輪に向けバスケ界の
    未来を担う日本の若きエースです。女性ファンも多く、『バスケ界の王子』と言われています」
    (バスケ関係者)

     週刊文春は微笑ましいデートの様子を確認。アリスの所属事務所に聞くと、
    「真面目な形でお付き合いさせて頂いております」とのこと。田中サイドも同様の回答だった。

     好きな男性はマンガのキャラという、“2次元愛”の強いオタク女子を自称していたアリスだが、
    王子様をゲットして“3次元のお姫様”に!? 

     詳しくは2月9日(木)発売の「週刊文春」で報じる。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170208-00001334-bunshun-ent


    【事務所も認めた 広瀬アリスがイケメンプロスポーツ選手と交際 2ch『イケメン?』『バスケ選手は将来が不安』】の続きを読む


    元AKB48・板野友美、野口五郎とのデュエットは"やけくそ"!?


    NO.5346276
    元AKB48・板野友美、野口五郎とのデュエットは"やけくそ"!?
    元AKB48・板野友美、野口五郎とのデュエットは"やけくそ"!?
    元AKB48の板野友美が5日、東京・渋谷のオーチャードホールで行われたベテラン歌手・野口五郎のコンサートにサプライズで登場。

    今月リリースされる野口のデュエットカバーアルバム『風輪』(avex io)に収録されている懐メロ「東京ナイト・クラブ」を披露した。

    この模様が広く報じられると、ネット上では「板野がやけくそになってる」「このコラボ、誰得?」「迷走してる」などと話題に。

    最近、メディア露出が激減している板野だが、久々に目にした板野の“らしくない”活動に、衝撃を受ける人が続出しているようだ。

    「板野が持ち前のダンスを封印し、野口とデュエットする様子に驚いた人も多いよう。しかし、このアルバムは、板野だけでなく研ナオコ、早見優、沢田知可子、小林幸子、SKE48・高柳明音など多くの女性歌手が参加しており、その中で板野がコンサートに登場したのは、ただ“マスコミが呼びやすいから”に他ならない。にもかかわらず、板野の迷走ぶりばかりが話題となってしまいました」(芸能記者)

    すっかり「あの人は今」状態となっている板野だが、昨年11月に2年ぶりとなるアルバム『Get Ready(はぁとマーク)』(キングレコード)をリリース。

    しかし、売上枚数は1万枚強と、前アルバム『S×W×A×G』(同)の半分以下に留まったことで、ファン離れが明るみに出てしまった。

    「アーティスト色をアピールしている板野ですが、CDの売り方はアイドル時代となんら変わらず。『Get Ready(はぁとマーク)』のリリース時にも、全国のショッピングモールで握手会のドサ周りを行いましたが、ファンは以前のようには集まりませんでした」(同)

    音楽活動に行き詰まり感が漂う板野。

    今後は、舞台女優に転身する可能性もあるという。

    「板野と同じホリプロの元AKB48・河西智美は、『ソロ歌手としてやっていきたい』とグループを卒業し、長らく迷走を続けた結果、先月、ミュージカル『アイランド〜かつてこの島で〜 』で初主演を務めた。また、元AKB48・篠田麻里子も、『ファッション業界で活動したい』と卒業したにもかかわらず、現在は舞台女優として活動中。成功者がほとんどいないと言われるAKB48卒業生ですが、他にもファン離れに伴い舞台に流れるメンバーは多く、半ば規定路線化している。ビジネスとしては非効率ですが、所属事務所が活動の場をお膳立てすることで、“経歴ロンダリング”にはなりますから」(同)

    野口とデュエットしただけで、大きな話題となった板野。

    ファン離れは止まらないものの、注目度の高さは健在のようだ。

    【日時】2017年02月07日 20:30
    【提供】日刊サイゾー




    #13 [匿名さん] :2017/02/07 21:03

    >>0
    何で、五郎なん?たかし・細川やろ!


    【元AKB48・板野友美、野口五郎とのデュエットは"やけくそ"!?】の続きを読む

    このページのトップヘ