気になるニュース

わたし的に気になる芸能ニュース



    (出典 news.nifty.com)



    1 Egg ★ :2018/10/16(火) 07:55:10.89 ID:CAP_USER9.net

     10月8日、豊原功補(53)が演出を務めた舞台『またここか』が千秋楽を迎えた。

     この舞台のプロデューサーとして、公演を支えてきたのが豊原との不倫交際宣言をした小泉今日子(52)だ。

    「小泉は今年の2月に、長年所属していた事務所から独立したと同時に妻子ある豊原さんとの恋愛関係を公表しました。 

     世間のバッシングも気にすることなく、住まいの賃貸マンションには2人で生活していますし、豊原が助手席で踏ん反り返り、小泉がハンドルを握り運転するスタイルなんです」

     というのは、スポーツ紙記者。

    増えるタバコの量
     昔は男を振り回していたのに、今ではすっかり豊原の運転手と化し、マネージャーのようにかいがいしく面倒を見るキョンキョンが不思議でならないと首をかしげる。

    「女優業はしばらくお休みして、設立した事務所で、舞台などの制作の裏方業に徹しているようです。今回の舞台は、入れ込んでいる豊原との共作となった作品なので、思い入れも強かったんだと思います。

     連日、会場でお客さんを出迎え、帰りにはアンケートを受け取ったり、記念撮影をしたりと、客寄せパンダにも徹していました」(スポーツ紙記者)

     舞台期間中は、観客が帰った後、小泉は女性スタッフと慌ただしく劇場の片づけをしていた。そして帰りは、近所の飲み屋街へと繰り出す日々だったという。

    「小泉さんは昔から、喫煙を公言してきましたが、最近、タバコの本数が増えてきたようなんです。舞台の会場などでは気をつかって吸わないようにしていたのですが、そのぶん、車の中がすごいことに。

     ショートホープが何箱も転がっているんです。強いタバコですからニオイもきつくて、彼女が来るとすぐわかるんですよ(笑)。飲みに出てもタバコは手放せず、車で帰るときは小泉さんは運転のため飲めないので、ストレスが溜まってるのかもしれません」

     と、舞台の打ち上げに参加した関係者はいう。飲みの席で、タバコが吸えるかどうか、彼女にとっては重要なポイントだそうで、

    「昔から通う、雑居ビルのバーやスナックは今のところ喫煙できるので、お店選びに困ることはないようだけど、『喫煙環境も厳しくなってきたのに、小泉は不倫とか社会の逆行まっしぐらだな』と店の関係者も呆れ顔で話していましたよ」(前出の舞台関係者) 

     千秋楽の打ち上げでは、車を置いてタクシーでやって来た彼女は、終始ご機嫌で大盛り上がりだったよう。表舞台からすっかり裏方となり、仕事は減るがタバコの量は増える一方。そのバランスが少し、心配だーー。

    2018年10月16日 5時0分
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15449326/

    写真

    (出典 image.news.livedoor.com)


    【<小泉今日子>裏方業に徹し “彼” を全力サポートするも増える「タバコの量」】の続きを読む



    (出典 geitopi.com)



    1 ばーど ★ :2018/10/16(火) 11:24:17.19 ID:CAP_USER9.net


    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    「SMAP」という言葉が、消えてしまうのか。分裂騒動を引き起こし、一昨年、惜しまれつつも解散したSMAPの元メンバーはジャニーズ事務所内に木村拓哉と中居正広を残すのみとなったが、その2人に対して「元SMAP」の名称を使わないようにという“使用禁止令”がメディアに通達されていた。いったいどういうことなのか?

     この夏、木村は主演映画「検察側の罪人」が公開され、一時は連日のように番組に出演し、作品のPRに奔走していた。そんな動向が連日、報道される中、ある出版関係者は「ちょうどそのころメディアに対して、ジャニーズ事務所から『キムタクや中居正広に関しては“元SMAP”という肩書を使わないでくれ』というお達しが内々で出ていたんです。キムタクは『俳優の木村拓哉』で、中居は『タレントの中居正広』ということでやってくれという話でしたね」と明かす。

     2016年末の解散以降、即座に「SMAP」という文字を使わないメディアもあったが、「元SMAP」という文言を使用し続けている社も存在した。「まだ使っているところに通達が入った形です」と同関係者。

     すでに解散したとはいえ、一世を風靡したグループ名だけになぜなのか?

     あるテレビ局関係者は「過去を消すということではなく、いつまでもSMAPという文字が使われるのは、本人たちにとっても過去を引きずっているようで、マイナスイメージにつながりかねない」というワケだ。

     それだけではない。17年9月に事務所を辞めた香取慎吾、草なぎ剛、稲垣吾郎の3人が立ち上げた「新しい地図」の影響もあるのではないかという。

     芸能プロ関係者は「新しい地図の3人の躍進は目覚ましいですからね。『元SMAPの3人』という言われ方をしているケースが多いことから、『元SMAP』というと、どうしてもその3人のイメージが強すぎる。3人は地上波のテレビ番組こそ出てませんが、ビッグスポンサーのCMに出まくっている。キムタクや中居がそういう彼らと比べられるのも、決してプラスにはならないという判断もあるんじゃないですか」。

     とはいえ、木村らが「SMAP」だったということをNGにしているのではない。前出のテレビ局関係者は「キムタクが映画(「検察側の罪人」)のPRのために(ダブル主演の)嵐の二宮和也と出演した番組では、SMAPのグループ名の由来などについて話していたこともあるので、彼らにとって、SMAPのことは話してはいけないものでもないし、ましてや“黒歴史”ということでもない。ただ、単にメディア向けの措置と考えていいのでしょう」と話す。

     SMAP解散以後の木村は、解散を加速させた張本人といわれ人気を落としている。「そういう意味でもSMAPの文言はキムタクに、あまりいい影響を及ぼさないかもしれない」(前出のテレビ局関係者)

     使用禁止という措置も致し方がないのかもしれない。

    10/16(火) 11:02
    東スポWeb
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181016-00000008-tospoweb-ent


    【ジャニーズ事務所、木村拓哉・中居正広に対し「元SMAP」“使用禁止令”】の続きを読む



    (出典 jiyuubito21102.com)



    1 ばーど ★ :2018/10/16(火) 11:37:55.85 ID:CAP_USER9.net


    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    「一般の人」という理由で、これまでその素性は一切伝わってこなかった。だが、ここに至って、小林麻耶(39)の結婚相手が「ヒーリング整体師」だったことが明らかになった。しかも、そのオカルトチックな施術は、かなり高額な料金設定になっていたのである。 

     小林麻耶は自身のブログで、4歳年下の男性と7月24日に結婚したことを発表した。しかし、それ以降も夫のプライバシーはひた隠しにしている。

    「当初、結婚相手は、“優良企業勤務の真面目な会社員”だとか、“海老蔵の母親が紹介した”と言われていました。ですが、どれも違っていたのです」

     とは、芸能記者。

    「本当のところ、“ヒーリング整体師”でした。なぜ、素性がわかったかというと、ネットの匿名掲示板に、麻耶さんの夫に関する情報が投稿され、瞬く間に、夫本人のフェイスブックやインスタグラムなどで事実確認がされていった。さらに、『女性セブン』が9月中旬、ツーショット写真とともに、〈ベールに包まれた夫の“正体”〉という記事を掲載したのです」

     以前、夫がネット上で公開していたプロフィールによると、〈出生時に医者から産まれる事ができないので諦めて下さいと言われた中、不思議な力を持ったおじいさんにお腹に手をかざしてもらって産まれる事ができた〉とのこと。

     さらに、〈高校生くらいの時期から金縛りによく合(ママ)うようになり、20歳の時突然ものすごい肩の痛みに襲われる。たまたま親戚の叔母さんに除霊してもらい痛みが取れる〉経験をしたという。

    「とはいえ、すぐに“ヒーリング整体師”になったわけではなく、一時は、アーティストのバックダンサーをしていたそうです。その後、30歳のときに、患っていた椎間板ヘルニアのリハビリのため、ヨガのインストラクターの資格を取った。それからは、ヨガのレッスンをしたり整体院で働き、収入を得ていた。その後、オメガセラピーという施術を行うようになるのです」(同)

     オメガセラピーとはどのようなものなのか。

    自然治癒力

     夫の知り合いによると、

    「彼が宇宙とシンクロし、人知を超えたパワーを患部に注入するスピリチュアルなセラピーです。痛みがあるところなどに手をかざし、人間に備わっている自然治癒力を引き出すのだとか。顧客には、プロ野球選手や芸能人などもいると聞きました」

     ちなみに、その料金は1時間1万5千円前後だという。

    「なおかつ、最近、女性をターゲットに美容コースも始めました。いずれも初回で、小顔矯正が5万円、O脚矯正は3万円、姿勢矯正が2万円。フルコースだと8万円です。また、彼は人間以外の物質にもオメガセラピーを施すことができる。アクセサリーなどでは2千円、家の場合は4部屋までは1万5千円、5部屋以上は3万円を支払うとパワーを注入してくれるのです」(同)

     そこで、実際にオメガセラピーを受けてみようと、夫にSNSで連絡すると、

    「紹介制となっておりますので、またの機会をお待ちしています」

     とのつれない返事。

     宇宙とはシンクロできても、取材にはシンクロしたくなかったようである。

    「週刊新潮」2018年10月11日号 掲載

    10/16(火) 11:20
    デイリー新潮
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181016-00550133-shincho-ent&p=1


    【手かざしでパワー注入…「小林麻耶」夫の“スピリチュアル・セラピー”の値段 1時間1万5千円 顧客にはプロ野球選手や芸能人】の続きを読む

    このページのトップヘ