気になるニュース

わたし的に気になる芸能ニュース



    (出典 kuroshiba0511.com)



    1 ひかり ★ :2019/07/22(月) 19:55:23.31 ID:QFz9j+Y+9.net

     タレント・上沼恵美子(64)は22日、ABCラジオ「上沼恵美子のこころは晴天」(月曜後0・00)に出演。レギュラーのお笑いコンビ「キングコング」梶原雄太(38)と、“闇営業”問題騒動について語った。

     上沼は21日放送の読売テレビ「上沼・高田のクギズケ!」(日曜前11・40)で、宮迫博之(49)、田村亮(47)を庇うような意見を発した落語家・月亭方正(51)、「FUJIWARA」藤本敏史(48)、
    原西孝幸(48)に対して、現在の芸人同士の仲間意識の強さを指摘し「だから今の芸人はオモロない」と厳しく語る場面があった。上沼は21日放送分の収録が20日に宮迫、亮が会見している同時間帯に行われていたことを明かし
    「途中で番組を止めて(会見の内容が書かれた)箇条書きのメモをもらいながらだった。ちゃんと会見を見てなかった」と説明。宮迫、亮に対して「夜、ちゃんと会見を見ました。きついことを言ってしまった。
    反省してます。ごめんなさい。申し訳なかった」と謝罪した。さらに「誠実で正直に、間違いのない、真っ直ぐないい会見でした」と語った。

     さらに上沼は宮迫、亮には「悪いことはしてる。お金を受け取ってウソを言ったから」と指摘。さらに21日の会見以降「急に吉本側が敵になった。吉本側が悪いみたいになってるのはおかしな話ちゃうんかと思う」
    と憂慮。「2人は多才な方。また、活躍するだろうけど、会見を見たらまた思い出しちゃう。10年経ったら忘れるかもしれないけど」と宮迫、亮の今後を心配していた。

     午後2時から始まった吉本興業・岡本昭彦社長(52)の会見内容を聞かされ「契約解除処分を撤回?凄いな、松本人志さんって」と会社、社長を動かしたダウンタウン・松本人志(55)に驚き
    「これで吉本興業、元に戻るって」と期待も込めた。

    スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190722-00000232-spnannex-ent


    ※前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1563788605/


    【上沼恵美子が憂慮「急に吉本が悪いみたいになってるのはおかしな話」】の続きを読む



    (出典 www.lmaga.jp)



    1 Egg ★ :2019/07/22(月) 15:28:42.90 ID:yEv8nlGw9.net

    お笑い芸人の有吉弘行が、21日に放送されたラジオ番組『有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER』(JFN/毎週日曜20:00~)で、反社会的勢力との闇営業問題で謝罪会見を開いた雨上がり決死隊の宮迫博之と、ロンドンブーツ1号2号の田村亮について言及した。

    有吉は「宮迫さん、どうしたの? 最近、あんまり見ないね。亮さんも見ないね、最近」などと言っていたが、「俺、『アメトーーク!』に行ってきたよ、だから。宮迫さんいなくなってから」と明かした。

    そして「やっぱり、自分のできることやってますよ、粛々と。これがやっぱり職人っていうものですよね。ツイッターでね、ものばかり言っててもしょうがないからね。そんなこと言っている暇があったら、ちゃんと仕事しなさいっていう話で」と語った。

    さらに「まだなんか、いろいろありそうだね。明日(22日)は、岡本(昭彦/吉本興業社長)さんが会見やるでしょ?」と述べ、「だから、やっぱり静観して、全貌が分かるまで偉そうなこと言わない方がいいよ。手のひら返したみたいにみんな、なっているけどさ。散々、叩いていた連中が今度は『よくやった』なんて言ってるしさ。よく分かんないよ、ちゃんと見ないと。なんでもいっちょかみしたがるんじゃないよ」と話していた。

    マイナビニュース 2019年7月22日 7時0分
    https://news.infoseek.co.jp/article/mynavi_1937304/


    【<有吉弘行>吉本問題のSNS発言を控える理由 「全貌が分かるまで偉そうなこと言わない方がいいよ」】の続きを読む



    (出典 cdn-ak.f.st-hatena.com)



    1 鉄チーズ烏 ★ :2019/07/22(月) 19:25:41.32 ID:RE0538ix9.net

    「Nの“抜き”って言われていますね」

    そう話すのは、一般紙の社会部記者だ。17日夜に突如として流れたジャニーズ事務所による元SMAP3人に対する「圧力報道」。公正取引委員会は17日までに、稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾の3人をテレビに出演させないよう働きかけていた疑いがあるとして、ジャニーズ事務所を注意した。

    3人は17年9月に契約満了で同事務所を退所。SMAPのチーフマネジャーを務めたI氏が立ち上げた新事務所に合流し、“新しい地図”として再始動した。その3人に対し、ジャニーズ事務所がテレビ各局に対し「元SMAPの3人を使うな」と圧力をかけていたのだという。

    冒頭の「N」とは、一報を打ったNHKのこと。“抜き”とはスクープのことを指すが、一般紙記者からはこんな異論も。

    「各社とも、公取委がジャニーズ事務所を調査していて、“新しい地図”の3人とジャニーズの最高権力者であるメリー喜多川副社長を聴取していたことは把握していました。その結果、公取委が注意処分に留めたことも。『注意』は公取の処分の中では軽度で、ニュース価値としてはさほどでないと各社判断していたようです。公取委が処分を伝えたのもずいぶん前ですしね。それがこのタイミング、しかもNHKが真っ先に報じるとは思いもしませんでした」

    付け加えると、公取委は民放キー局の社員などから圧力と認定するに足る情報を入手しており、当初は注意ではなく、ジャニーズにワンランク上の「警告」処分を課したかった。ところが、ジャニーズの副社長でジャニー喜多川氏の姉であるメリー喜多川氏が頑としてそれを認めなかったため、注意処分に留めたという。

    「公取委が堂々とオープンにできるのは警告から。まさか注意レベルで表に出るとは夢にも思わず、メリー氏は『なんでこんなことになるのよ!』と大荒れだったそうです」(スポーツ紙記者)

    しかも“抜いた”のがNHKとなれば、ただでは済まないだろう。
    年末の風物詩であるNHK紅白歌合戦――。例年、同番組を牛耳っているのはジャニーズ事務所で、昨年は嵐、関ジャニ∞、Hey!Say!JUMP、Sexy Zone、King&Princeの計5組が出場。「ジャニーズ枠」なる言葉もあるくらいだ。

    「出場歌手だけでなく、司会もジャニーズで固められています。16年から始まった嵐メンバーの白組司会はその代表で、活動休止する来年の紅白まで司会は嵐で内定していると言われています」(前出・スポーツ紙記者)

    NHK的にも常連と言われる演歌歌手が出るより、数字が稼げるジャニーズのタレントに多く出てもらった方が都合が良い。まさに両者は「ウィン・ウィン」に近い関係だったが、それも今回の報道で雲行きが怪しくなってきた。

    「NHKは民放と違って、報道が花形。紅白への影響など、さして考えなかったのでしょう。対照的に頭を抱えているのは、制作サイド。いまなお、メリー氏は怒り心頭状態と言いますから、スクープされた腹いせに紅白から撤退なんてこともないとは言い切れません」(芸能プロ幹部)

    ジャニーズ事務所は大晦日に恒例のカウントダウンコンサートを行っている。

    「今年はジャニー喜多川さんが亡くなったので、例年よりも盛大にやるそうだ。『原点回帰』をテーマに、所属タレントはカウントダウンコンサートに集中させ、紅白は二の次になるかもしれない」(テレビ局関係者)

    「圧力報道」の波紋はどこまで広がるのだろうか――。


    7/22(月) 7:04配信 FRIDAY
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190722-00010000-friday-ent

    ★1が立った日時:2019/07/22(月) 07:16:25.90

    前スレ
    【芸能】NHK『公取委』スクープで紅白歌合戦からジャニーズ撤退の可能性
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1563747385/


    【NHK『公取委』スクープで紅白歌合戦からジャニーズ撤退の可能性】の続きを読む

    このページのトップヘ