気になるニュース

わたし的に気になる芸能ニュース


    キムタクは4位!?「今一番かっこいいジャニーズ」は誰? - エキサイトニュース
    ジャニーズ事務所といえばイケメンタレントが多数そろった芸能事務所。最近では高学歴だったりMCがうまかったりとキャラクターも豊富だが、純粋に“かっこいい”といえば誰を思い浮かべるだろうか。今回は10代~50代の女性100人に、ずばり「今一番かっこいいと思う ...
    (出典:エキサイトニュース)



    (出典 adnews2016.info)



    1 Egg ★ :2017/10/09(月) 08:14:45.30 ID:CAP_USER9.net

    ジャニーズ事務所といえばイケメンタレントが多数そろった芸能事務所。最近では高学歴だったりMCがうまかったりとキャラクターも豊富だが、純粋に“かっこいい”といえば誰を思い浮かべるだろうか。今回は10代~50代の女性100人に、ずばり「今一番かっこいいと思うジャニーズアイドルは?」という質問を投げかけてみた。気になる結果は……!?

     同率で第4位(8%)になったのは、木村拓哉(44)とTOKIOの長瀬智也(38)の2人。木村は元SMAPのメンバーとして”キムタク”の愛称で一世を風靡したイケメン。社会現象となった主演ドラマは数多く、代表的な作品だけでも、1993年放送の『あすなろ白書』(フジテレビ系)、

    96年放送の『ロングバケーション』(フジテレビ系)、2001年放送の『HERO』(フジテレビ系)などがある。また木村のヘアスタイルやファッションは、常に世間の注目を集めてきた。女性にモテたいがためにキムタク風を目指したことがあるという男性も多いのではないだろうか。支持した女性からは、やはり「顔がいい」(40代)という声が多く寄せられた。

     一方の長瀬は183センチの長身に恵まれたTOKIOのボーカルだ。長瀬の代表作といえば、やはり00年に放送されたドラマ『池袋ウエストゲートパーク』(TBS系)が外せない。長瀬らしいオラオラ系のワイルドな雰囲気が存分に発揮され、B-BOYファッションをはやらせた。

    宮藤官九郎(47)が脚本を務めた同作は、窪塚洋介(38)や妻夫木聡(36)、坂口憲二(41)、佐藤隆太(37)らをブレイクさせたことでも有名だ。また最近では、長瀬がトーク番組などで見せる天然キャラもウケているようで、「スタイルがいいし、ワイルドさもあり、でも笑顔がかわいい」(30代)、「かっこいいのに、気どってないところ」(30代)、「ワイルドだけどちょっと天然なところ」(40代)といった意見が挙がっていた。

     同率で第2位(9%)を獲得したのは、V6の岡田准一(36)とKinki Kids堂本光一(38)。V6の岡田は、顔立ちの美しさはもちろんのこと、演技力も非常に高く評価されており、ジャニーズのタレントとして、初めて日本アカデミー賞を受賞した。しかも『永遠の0』(13年公開)で主演男優賞最優秀賞を、『蜩ノ記』(14年公開)では助演男優賞最優秀賞を受賞し、男優賞では史上初となるダブル受賞の快挙だった。アンケートでも「演技がうまい、かっこいい」(50代)、「演技で見る、しぐさや表情が男らしい」(40代)といった声が多く見られた。40代以上からの支持が目立ったため、岡田は年上のお姉さんから好かれる弟キャラなのかもしれない。

     Kinki Kidsの堂本光一は「浮いた話がなく、“THE王子様”の感じがする」(20代)というコメントの通り、王子様キャラで人気。とはいえ、実力もしっかり備えており、光一が脚本、演出、音楽に全面参加して作り上げているミュージカル『SHOCK』シリーズは、チケットが前売り開始日に即日完売するという「日本一チケットが取りにくい舞台」として名高い。また、18年間にわたって公演されているが、自分自身の体調不良やケガを理由に中止したことは一度もないというストイックさでも有名である。

     豪華な先輩たちを差しおいて、「今一番かっこいいと思うジャニーズアイドル」堂々の第1位(14%)に輝いたのは山下智久(32)。山下は“山P”の愛称で親しまれ、主演ドラマ『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』(フジテレビ系)も大好評で幕を閉じた。「すべて完璧」(20代)、「かっこいい」(20代)、「顔がいい」(30代)、「目鼻立ちが整っていて顔がきれい」(40代)、「笑顔」(50代)と、幅広い年代から絶賛されている。バラエティ番組でも口数が少なめな山下。クールでミステリアスな雰囲気も人気に一役買っていそうである。

     自分が思っていたジャニーズアイドルはランクインしていただろうか? かっこ良さにもいろいろあることが分かるアンケート結果だった。

    2017年10月08日 06時00分 公開
    https://taishu.jp/detail/29640/


    【<今一番かっこいい「ジャニーズタレント」ランキング!>嵐が1人も入ってないのがリアル…?木村拓哉&長瀬智也が4位!?1位は?】の続きを読む


    ピース綾部祐二がついに渡米も前途は多難か


    NO.5837517 2017/10/08 20:44
    ピース綾部祐二がついに渡米も前途は多難か
    ピース綾部祐二がついに渡米も前途は多難か
    行く行く詐欺に終止符か。

    昨年、アメリカ行きを発表していたお笑い芸人・ピースの綾部祐二(39)が、来週にも渡米することがわかった。

    明石家さんま(62)が7日のラジオ『ヤングタウン土曜日』(MBSラジオ)で明かしたモノで、綾部からアメリカ行きに関する報告があったという。

     綾部は昨年の10月8日に会見を開き、アメリカ・ニューヨークを拠点に活動するとしていた。

    しかしその後、ビザの申請が難航。

    約1年を経て、ようやくアメリカ行きにこぎつけた。

    だが、アメリカ行きが決まったからといって安心とは言えない。

    「綾部のそもそものアメリカ行きは、2015年に相方・又吉直樹(37)の芥川賞受賞が影響しています。又吉にばかりスポットライトがあたり、綾部の存在感が見るからに薄れていきました。
    こうした状況が続くなかで、活動の場をアメリカに求めたと見られています。アメリカ行きの発表当初は話題性もバッチリでしたが、あれからすでに2年。世間の興味も薄れていますし、ここで渡米してもさほど話題にもならないでしょう」(芸能関係者)

    ■綾部に襲いかかる不安要素

     日本国内での話題性とアメリカでの成功が別物との考えもあるが、そこにもまた不安要素はあるという。

    前出の芸能関係者が続ける。

    「当然ですがアメリカで活躍するには英語は必須。しかし綾部は挨拶程度の英会話しかできないと言われています。今年5月にニューヨークのセントラルパークで開催された日米交流イベント『ジャパンデー』に出演したものの、会話がかみ合わずにシラケる場面も見られました。
    渡辺直美(29)はアメリカ留学で爆発的な人気を得ましたが、彼女には言葉の壁を越えるダンス芸があった。綾部にそうした芸はないので英語は必須。この1年で英語力を磨いているのかが心配です」 

    ついに掴んだ夢のステージで、コメディアン・綾部祐二は輝くことができるのだろうか。

    注目していきたい。

    【日時】2017年10月08日 19:05
    【提供】デイリーニュースオンライン


    【ピース綾部祐二がついに渡米も前途は多難か】の続きを読む


    渡部建&佐々木希が挙式、写真公表なしも約50人が出席 - スポーツ報知
    4月に結婚した「アンジャッシュ」の渡部建(45)と女優の佐々木希(29)が8日午後、東京・港区の明治記念館で挙式・披露宴を行った。 新郎新婦の意向で、式の内容やツーショットの写真については一切公表されなかったが、スポーツ報知の取材によると、親族や芸能関係者など ...
    (出典:スポーツ報知)



    (出典 ryohappy.com)



    1 あちゃこ ★ :2017/10/08(日) 18:05:56.57 ID:CAP_USER9.net

     お笑いコンビ・アンジャッシュの渡部建(45)とモデルで女優の佐々木希(29)が8日、
    都内で挙式・披露宴を行った。会場には幸せな2人の姿を捉えようと報道陣も詰めかけたが、
    出入り口にパーテーションを立てるなどしており、幸せツーショットの披露はおあずけとなった。

     渡部の相方・児嶋一哉(45)も、おいそれとプライベートを口にできないようで
    「どこまでしゃべっていいのか分からないんですよ」と困り顔。ただ、2人の様子を尋ねられると
    「幸せそうでしたね」と答え、笑顔を見せていた。

     渡部と佐々木は4月11日に婚姻届を提出。同日、渡部が日本テレビ系「ヒルナンデス」に出演し、
    生報告した。8月26日には同局の「24時間テレビ」で渡部がスペシャルサポーターとして、
    佐々木がゲストとして“共演”。2人がワンフレームに収まる一瞬はあったものの、
    ツーショットは披露しなかった。

    デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171008-00000082-dal-ent


    【アンジャッシュ渡部&佐々木希が挙式・披露宴…ツーショットの披露は無し】の続きを読む

    このページのトップヘ