気になるニュース

わたし的に気になる芸能ニュース



    (出典 amd.c.yimg.jp)



    1 ひかり ★ :2018/06/21(木) 10:54:09.38 ID:CAP_USER9.net

    6/21(木) 2:30配信 サンケイスポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180621-00000503-sanspo-ent

     俳優、玉木宏(38)が女優、木南晴夏(32)と大安の26日に結婚することが20日、分かった。複数の関係者によると、
    2人は8年前に共通の知人を通じて知り合い、友人として親交を深めてきたが、昨年4月放送のフジテレビ系スペシャルドラマ
    「女の勲章」での共演を機に熱愛に発展。今月中旬にそれぞれ連続ドラマの撮影を終え、自然な流れでゴールインに至ったという。
    木南は妊娠しておらず、結婚後も女優を続ける。

     最後の大物独身俳優の一人として注目されてきた超イケメンと、独特の存在感を放つ個性派女優のビッグカップルがゴールインする。

     玉木は現在、TBS系「あなたには帰る家がある」(金曜後10・0)、木南は同局系「花のち晴れ~花男 Next Season~」(火曜後10・0)と、
    そろって4月期の連ドラに出演中。関係者によると、2人は以前から「6月に結婚したいね」と話し合っていたという。

     ともに今月中旬、ドラマの撮影が終了。婚姻届を提出する26日は「花のち晴れ-」の最終回で、双方の仕事が落ち着いたタイミングで、
    夫婦として新たな門出を迎えることになった。

     2人は8年前に共通の知人を通じて知り合い、長年よき友人として食事をするなど親交を深めてきた。役者としては玉木が先輩だが、
    木南も個性派女優として頭角を現し、互いを尊敬し合う仲に。共演した昨年4月放送の「女の勲章」で女を翻弄する野心家役の玉木が
    木南を相手に熱演し、それがきっかけで恋人関係に発展した。

     玉木は2001年公開の「ウォーターボーイズ」で注目を浴び、数々のドラマや映画に主演。15年のNHK連続テレビ小説「あさが来た」では、
    波瑠(27)演じるヒロイン・あさの夫役で、さわやかな笑顔が魅力の新次郎を演じてお茶の間の女性をとりこにした。

     一方の木南は04年の女優デビュー以降、ドラマや映画など110本以上の作品に出演。さまざな役をこなす演技派の地位を地道に築いた。
    今年はテレビ朝日系昼ドラ「越路吹雪物語」に岩谷時子役で出演。バラエティーでも活躍し、多彩な才能を発揮している。

     理想の夫婦像について玉木は15年のサンケイスポーツインタビューで「足りない部分を補いあえる関係。僕もいつか結婚したら
    奥さんが仕事に出るなら応援する」と告白。「祖母にひ孫を見せたい」などと父親願望も吐露していた。

     木南も今年1月のサンケイスポーツの取材で「いずれは結婚したい。10代のころから36歳で結婚と言っていたので、
    あと4年は猶予あります」と適齢期を意識しているようだった。

     理想の結婚相手については「怒らなくてアクティブな人。私はけっこう抜けているので、笑って許してくれる人がいい」と、
    温厚で男らしい玉木を意識していたのかのような発言もあった。

     ファン思いの2人は、近日中に公式ホームページなどで結婚を正式発表するとみられる。サッカーW杯で初戦を突破した
    日本代表に負けず、生涯の伴侶を得て、ますます活躍の幅を広げていく。

    (>>2以降につづく)


    前スレ(★1=2018/06/21 02:34:50.09)
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1529516090/

    ※前スレ
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1529522870/


    【玉木宏、木南晴夏と結婚! 38歳大物イケメン独身俳優ついに】の続きを読む



    (出典 blogimg.goo.ne.jp)



    1 かばほ~るφ ★ :2018/06/20(水) 16:45:40.70 ID:CAP_USER9.net

    離婚未成立の森且行 「不倫美女」と堂々交際宣言
    2018.06.20 16:00

    元SMAPのメンバーでオートレーサーの森且行(44才)が、
    かねてから交際中の“不倫美女“と堂々の交際宣言をした──。

    6月中旬、夕方の東京・新宿駅はスーツや制服姿の老若男女で込み合っていた。
    その人込みの中、何度も何度も、後ろを振り返るマスク姿の男性がいた。森且行(44才)だ。
    その10m後ろに、あえて距離をとりながらも、彼を見失わないように必死に付いていく女性の姿があった。

    森がオートレーサーとしてデビューしてから21年経つ。
    生涯獲得賞金は6億円を超え、名実ともにトップ選手に。
    競艇や競輪などを含めた公営ギャンブルの広報大使としても各地を飛び回っている。

    「森さんは、1年半前のSMAP解散当日の大晦日に中居正広さん(45才)、稲垣吾郎さん(44才)、
    草なぎ剛さん(43才)、香取慎吾さん(41才)らと5人で焼き肉店に行っていたことが話題になりましたが、
    その後も関係は続いていて、元SMAPの3人が所属する『CULEN』がマネジメントするのではという話も出ています。
    オートレーサーのままコメンテーターなど文化人的な活動をすると思われます。
    さらに活動の幅を広げていくのかもしれません」(芸能関係者)

    森はSMAP脱退2年後の1998年に3才年上の女性と結婚、長男が生まれた。
    しかし、2016年8月、SMAP解散発表直後に不倫疑惑が報じられた。

    相手は30代後半の長身美女。森のレース後に待ち合わせてスーパーで買い物をしている姿が目撃され、
    一緒に埼玉県内のマンションに帰宅したという。

    「4、5年前から、森さんは奥さんと別居しています。原因は森さんの女性問題だったそう。
    奥さんもすっかりあきらめているようですが、なぜか離婚はしていないんです」(オートレース関係者)

    冒頭、森の数歩後ろを歩いていたのは、その不倫美女・Aさんだった。
    「今も一緒に住んでいるようですよ。森さんは離婚したがっていますが、
    慰謝料の金額で折り合いがつかないようです。奥さんは息子さんの留学に付き添って、
    一緒にアメリカに渡っているそうです」(前出・オートレース関係者)

    離婚が成立していないため人目は気にしているが、親しい人にはパートナーとして紹介しているという。
    紺のカットソーにスキニーパンツというラフな出で立ちのAさんは、距離を保ったまま改札を出ると、
    駅ビルに向かう。人気が少なくなったエスカレーターの前で待つ森に小走りで駆け寄ると、
    ようやく合流できたのがうれしかったのか笑顔がこぼれた。そして「あそこのお店に入ろうか」と
    言っているのか、カフェの看板を指さしてまた笑った。そのAさんの左手の薬指には、指輪が光っていた。

    6月17日、静岡・浜松オートレース場でレースを終えた森を直撃した。
    ──離婚は成立したんでしょうか?
    森「してない、してない」
    ──今も(奥さんとは)別居したままですか?
    森「だって(妻が)日本にいないから」
    ──離婚の話は進んでいる?
    森「どこにいるかわからないし、連絡もとってないよ」
    ──養育費の問題などで難航している?
    森「それはノーコメントで(笑い)」
    ──Aさんとはおつきあいをされている?
    森「うん」

    しっかりと答えると足早にその場を去った。
    堂々とした応対が男らしくもあり“不倫”を公言する姿に不安もあり…。
    どちらにせよ、森は「新しい地図」を描いているようだ。

    NEWSポストセブン https://www.news-postseven.com/archives/20180620_703129.html

    (出典 img.news-postseven.com)


    (出典 img.news-postseven.com)


    【【元SMAP・オートレーサー】離婚未成立の森且行、「不倫美女」と堂々交際宣言】の続きを読む



    (出典 images-na.ssl-images-amazon.com)



    1 ニライカナイφ ★ :2018/06/20(水) 16:05:08.04 ID:CAP_USER9.net

    ◆グループ脱退後の活動を禁止するNMB48“奴隷契約書”を入手

     NMB48のメンバーと当時の所属事務所である「KYORAKU吉本.ホールディングス株式会社」との間で、脱退後の芸能活動を一定期間禁じる契約が交わされていたことがわかった。6月16日(土)のネット生放送「直撃!週刊文春ライブ」が報じた。

     AKB48など他の姉妹グループとは異なり、NMB48のメンバーは全員が吉本興業の関連会社に所属している。週刊文春デジタル取材班は「専属契約書」の現物を入手。そこにはこのような条項があった。

    〈本契約終了日から起算して2年間は対外的な芸能活動を行ってはならず〉

     「まるで“奴隷契約”ですよ! 2年間も活動を止めたら事実上の芸能界引退です。メンバーも『“フリーター製造機”だね』って自嘲していた」(元NMBメンバー)

     労働問題にくわしい都民総合法律事務所の中村剛弁護士が解説する。

     「今年2月に公正取引委員会の有識者会議が報告書を公表し、タレントの事務所移籍を制限するのは独占禁止法違反にあたる可能性があると指摘しました。今後の指針を示した重要なガイドラインと言えます。昨夏に契約トラブルが報じられたタレントのローラさんの場合も2年間の活動禁止条項がありましたが、結局は今年4月に事務所と和解しています。憲法22条(職業選択の自由)に照らして拘束力を有さないという裁判例もある。NMBの契約内容も法的には同様に判断される可能性が高い」

     週刊文春の取材に吉本興業の広報担当者は次のように回答した。

     「NMBの契約書には確かにその条項があります。ですが、それを盾に取って活動を制限したことはありません。今年3月に入った子たちの契約にはその条項がありませんし、相談があれば、それ以前のメンバーも2年縛りはなくしています」

     “奴隷契約書”の内容や元メンバーの肉声など、詳細は6月21日(木)発売の「週刊文春」で報じる。「週刊文春デジタル」では「直撃!週刊文春ライブ」有料パートで放送した関連動画等を同日朝5時に公開する。

    週刊文春 2018年6月28日号
    http://bunshun.jp/articles/-/7848


    【【週刊文春】グループ脱退後の活動を禁止するNMB48“奴隷契約書”を入手】の続きを読む

    このページのトップヘ